Sponsored Contents

aquosの最新記事

Image credit:
Save

速報:楽天モバイルがスマートフォン第2弾 Ascend Mate 7とAQUOS SH-M01を12月発売

Takahiro Koguchi, @TKoguchi787
2014年12月5日, 午後02:23 in Aquos
0シェア
0
0
0
0

連載

注目記事


楽天モバイルはZenfone 5に続くスマートフォンラインナップ第2弾として、Huawei Ascend Mate 7を12月11日に、SHARP AQUOS SH-M01を12月17日に発売します。楽天モバイルのスマートフォンラインナップは計3機種に拡大することになります。(更新中)


楽天モバイルは、NTTドコモのネットワークを利用したMVNO(仮想移動体通信事業者)サービス。3G網とLTE網を利用した下り最大150Mbps/上り50Mbpsの高速通信が可能です。

楽天がMVNO「楽天モバイル」提供開始。音声通話とLTE通信、月額1250円からの格安スマホ

従来のスマートフォンのラインナップは11月に発売したASUS Zenfone 5のみでしたが、今回毛色の違う2機種を追加しました。


Ascend Mate 7(上記)は中国Huawei が開発したスマートフォン。

主な仕様は6.0インチ フルHD(1920 x 1080)液晶ディスプレイ、Hisilicon Kirin 925 オクタコアプロセッサ(1.8GHz x 4 1.3GHz x 4)、2GB RAM、16GBストレージ容量、microSDスロットなど。端末の仕様上は下り最大300MbpsのLTE Cat.6にも対応します。

スマートフォン本体に対する画面の占有率が高く、6インチという大画面の割にコンパクトで持ちやすいメタルボディが特徴です。

価格は一括4万8888円(税抜)、割賦払いでは月々1945円(初月4166円)です。本日より予約受付を開始。12月11日に出荷開始予定です。

またファーウェイはAscend Mate7 を家電量販店などでも販売します。
Huawei Ascend Mate7 はSIM フリーで12月12日発売。LTE Cat6対応、JDI製6型1920x1080 IPS-NEO液晶のフラグシップ




AQUOS SH-M01(上記)はシャープ製のMVNO向けスマートフォン。

主な特徴は4.7インチのiPhone 6よりも画面サイズが小さいコンパクトボディ。MVNO向けでは珍しく防水やワンセグにも対応します。仕様はSnapdragon 800 MSM8974 2.2GHzクアッドコアCPU、4.5インチ IGZO液晶、2GB RAM、16GB ストレージ、Android 4.4.2 KitKatなど。

価格は一括 5万2800円(税抜き)、割賦は月々2130円 x 24(初月3819円)。本日より予約受付を開始、12月17日出荷予定です。


端末ラインナップは引き続き拡充予定。楽天モバイルを運営するフュージョン・コミュニケーションズによると、ユーザーから「端末を選びたい」との声が多数寄せられたとのこと。来年2月にはスマートフォンラインナップ第3弾を投入します。


登壇した楽天の島田 亨 代表取締役副社長「楽天モバイルはキャリアとほぼ同じ品質で繋がる。安かろう悪かろうではなく、安くて高品質なMVNOを提供する」と述べました。




広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: aquos, AscendMate, ascendmate7, Rakuten, rakutenmobile
0シェア
0
0
0
0

Sponsored Contents