Sponsored Contents

androidの最新記事

Image credit:
Save

デルから世界最薄AndroidタブレットVenue 8 7000シリーズ。Intel RealSenseカメラ搭載、8型2560x1600有機ELパネル採用

Takuro Matsukawa
2015年1月27日, 午後03:05 in Android
187シェア
0
4
0
183

連載

注目記事

ダンボールだからと期待せずにNintendo SwitchのVRで遊んだ結果……(小彩楓)

ダンボールだからと期待せずにNintendo SwitchのVRで遊んだ結果……(小彩楓)

小彩 楓, 4月6日
View


デルがAndroid タブレットの新製品Venue 8 7000シリーズを国内発売しました。厚さ6mm の「世界最薄」アルミ削り出し筐体に、狭縁かつ高精細な8.4型2560 x 1600 有機EL ディスプレイやインテルRealSense Snapshot Depth カメラなどを搭載するハイエンドモデルです。




Venue 8 7000 が世界で初めて搭載するRealSense Snapshot Depth カメラでは、3台のカメラを使って撮影することで被写体の奥行きを検知し、撮影後のピント位置の変更や特定部位へのフィルタ処理、画像内のオブジェクトの大きさ測定などが可能です。デルの公式動画ではVenue 8 7000 で写真を編集している様子が確認できます。



主なハードウェア仕様は、8.4インチ2560 x 1600 有機EL ディスプレイ、インテルAtom プロセッサZ3580 (4コア4スレ、最大2.3GHz)、2GB RAM、16GB ストレージ、インテル802.11ac Wi-Fi + Bluetooth 4.0。

カメラは前面2MP、背面8MP RealSense。ほかmicroSDXC スロット(最大512GB)、前面ステレオスピーカー(Waves MaxxAudio)、ヘッドホン・マイク兼用端子など。

バッテリー容量は5900mAh で最大約9.8時間駆動。OS はAndroid 4.4 KitKat。

寸法と重さは215.8 x 124.4 x 6mm、約305g。筐体は陽極酸化(アルマイト)処理された削り出しのアルミ仕上げです。

デルVenue 8 7000シリーズは本日1月27日(火)発売。直販価格は送料込4万8980円(税別)。低価格化が著しいAndroid タブレットでは高価な部類に入りますが、薄くスタイリッシュなアルミ筐体や狭縁ディスプレイ、RealSense カメラなど安価な製品とは一線を画する仕様は魅力的です。


なおRealSense カメラには搭載するデバイスに合わせていくつかの種類があり、デスクトップ用カメラの搭載製品ではHP Sprout が米国で販売中です。

米HPが新発想PC「Sprout」発売。物体を3Dカメラで取込み、プロジェクタ投影のタッチマットで操作

またRealSense を活用したアプリでは、日本のシステム開発会社「しくみデザイン」による、ユーザの体の動きで音楽を奏でるKAGURA が配信中です。

動画:ダンスが楽器になるアプリ「KAGURA」14日配信。インテル RealSense 3Dカメラ対応の演奏ツール


そのほかRealSense と仕組みは異なりますが、撮影後にピント位置を変更できるカメラにはLytro ILLUM が、アプリにはマイクロソフトのNokia Refocus などがあります。

撮影後にピントを変えられるカメラLytro ILLUM、12月に国内発売。20万円前後

Nokia Refocus がWindows Phone 8搭載Lumia 全モデルに対応、撮影後にフォーカス変更できるカメラアプリ





CAREERS TechCrunch Japan
連載:話題の企業タイミーのデータアナリティクスマネージャーに聞くスタートアップへの転職


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。
187シェア
0
4
0
183

Sponsored Contents