Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

ケンウッド、ハイレゾ音源対応ナビMDV-Z702発表。MP3やDVD、地デジまで192kHz/32bitに変換再生

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2015年2月5日, 午前08:30 in Car Av
1シェア
0
1,"likes":0
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View
JVC ケンウッドが、KENWOOD ブランドのカーナビ「彩速ナビ」シリーズの新機種、MDV-Z702 /MDV-Z702W を発表しました。ケンウッド曰く「業界初」のハイレゾ音源再生に対応するカーナビ製品です。 
 

MDR-Z702 は、ケンウッドの AV カーナビ製品のなかではプレミアムモデルとなる Type-Z シリーズの新製品。市販の AV ナビ製品として初めてハイレゾ音源(最大192kHz/24bit)の再生に対応しました。旭化成エレクトロニクス製の 32bit 対応 DAC を搭載し、再生可能なハイレゾ音源のファイル形式は FLAC および WAV。USB メモリーまたは SD カードからの再生に対応します。

ハイレゾ音源以外では FLAC /WAV /MP3 /WMA /AAC /Ogg Vorbis 形式の再生に対応。再生可能メディアは CD、DVD 、USB メモリー、SD カード。

動画ファイルは USB メモリー と SD カードからの再生が可能で MPEG-4 AVC/H.264、WMV 形式に対応します。

MP3 などの圧縮音源、CD /DVD /地デジの音声、さらに FM /AM ラジオ音声など非ハイレゾ音声はすべて192kHz/32bit にアップコンバートします。さらに JVC ブランドのポータブルヘッドホンアンプなどで知られる「K2 テクノロジー」によって波形の補正も行うことで、ケンウッドによれば「マスター音源のクオリティに近づけ」られるとしています。

そのほか、車内環境に合わせた多様な DSP 技術を搭載。たとえば音像をリスナーの正面に設定する「フロントフォーカス」、6つのプリセットを備える13バンドのグラフィックイコライザー、ブーストする低音域を選択できる「ミュージックバスブースト」や小さい音でのリスニング時に低音と高音を強調する「ミュージックラウドネス」、走行ノイズと再生音量に応じた音質自動補正機能「Drive Equalizer+」など。

スマートフォンなどの音楽は Bluetooth 経由での再生に対応。コーデックは SBC /AAC /aptX。プロファイルは A2DP /AVRCP /HFP /OPP /PBAP /SPP /HID に対応。もちろん車載マイクとスピーカーによるハンズフリー通話にも対応します。
一方、付属の USB-WiFi アダプターを使えば、スマートフォンのテザリングやモバイルルーター経由でインターネットへのアクセスが可能となります。「KENWOOD Drive Info.」にアクセスすれば、開通予定の道路やオービスなどのアップデータがダウンロードできます。また Android アプリ「KENWOOD Music Control」を利用すれば、スマートフォンの音楽や動画を WiFi 経由で再生することもできます。

カーナビとして最も重要な測位系の機能としては、車体の傾きと地図データに含まれる傾斜データを照らしあわせて精度を高める「高測3Dジャイロ3」を備えました。また、準天頂衛星「みちびき」に対応しており、障害物の多い道路でも安定した測位を可能としています。

ナビゲーション機能には、進行方向にある交差点や分岐点を先回りして確認できる「案内先読みガイド」や「ここです案内」機能、地図をスライダーで拡大縮小するスライダーバーなどを追加しています。

ディスプレイは静電容量式タッチパネルで、解像度は800 x 400px。7段階のチルト、4段階の視野角調整機能を搭載します。オーディオ出力は定格29W x4 (4Ω、1kHz、10%THD)、最大出力は50W x4。

なお、MDV-Z702 と MDV-Z702W の違いは筐体の横幅と操作パネルのレイアウトのみ。MDV-Z702 は通常の2DIN サイズ、MDV-Z702W はトヨタやダイハツなど横幅 200mm のワイドサイズを採用するメーカーの自動車に対応します。

発売時期は2月下旬、オープン価格で、店頭予想価格はいずれも14万円前後。

ちなみに AV ナビとしてのハイレゾ対応は MDV-Z702 /MDV-Z702W が初ですが、組み合わせるスピーカーもハイレゾ対応でなければあまりハイレゾの良さは感じられないかもしれません。ケンウッドの自動車用スピーカーの場合、「DVD オーディオ対応」を謳っている製品なら最高 96kHz の再生周波数帯域を備えており、日本オーディオ協会が定める「ハイレゾ対応」スペック(40kHz以上)を満たしています。


広告掲載についてのお問い合わせは ad-sales@verizonmedia.com までお知らせください。各種データなどは こちら のメディアガイドをあわせてご覧ください。

1シェア
0
1,"likes":0
0

Sponsored Contents