Sponsored Contents

canonの最新記事

Image credit:
Save

キヤノンEOS 5Ds発表、EOS史上最高5060万画素フルサイズセンサー搭載

Shinichi Sekine, @sekine_s
2015年2月6日, 午後01:03 in Canon
6シェア
0
6
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View


キヤノンは、有効5060万画素の35mmフルサイズCMOSセンサーを搭載したデジタル一眼レフカメラ EOS 5DsおよびEOS 5Ds Rを発表しました。

ハイアマチュア向けのミドルレンジに位置する製品ですが、フラッグシップのEOS-1Dシリーズを超えて史上最大画素数のイメージセンサーを搭載しています。EOS 5Dsと5Ds Rの違いは、5Ds Rではローパスフィルター効果を打ち消し(非搭載ではありません)、解像感の向上を図っている点。

Gallery: Canon EOS 5Ds/5Ds R 有効5060万画素の35mmフルサイズイメージセンサーを搭載 | 6 Photos

6



新たにカメラ自体が発するブレを低減するミラー振動制御システムを採用。ミラーの動きをカム駆動によって制御するとともに、小型モーターを採用することで、ミラーショックを低減します。従来機種ではミラーアップ/ダウンをバネで行っていました。

カメラブレ対策としてはこのほか、設定項目として「ミラーアップ撮影」を追加。レリーズから実際にシャッターが切れるまでの時間を意図的に遅延させることで、ミラーアップの衝撃が収まってから露光を開始する機能です。


一般的にセンサーの画素数が増えると、低画素では気にならなかったわずかなブレが目立ってきます。ユーザーが制御できない要素によって発生するブレをできるだけ抑えるための機構をこうして搭載してくれるのは、ユーザーとしてもありがたいポイントではないでしょうか。

機能面では、EOSとして初めて撮影画像のクロップを行えるようになりました。1.3倍(3050万画素相当)と1.6倍(1960万画素相当)の2つを選択でき、擬似的に望遠効果が得られます。


また、ピクチャースタイルに「ディテール重視」を追加しました。高画素センサーによるシャープな画像を楽しむ方向に振った新機能です。

そのほか、旧機種にない新機能としては、タイムラプス動画撮影機能も挙げられます。

発売時期は6月。EOS 5Ds/5Ds Rともにレンズキットは用意せず、実売価格はEOS 5Dsが46万8000円、EOS 5Ds Rが49万8000円。

発表済みの民生用デジタル一眼レフカメラとしては、他メーカーも含めて圧倒的に高画素となるハイアマチュアモデルです。実はスペック面では従来機種からそれほど大きく変わってはいないのですが、センサーと内部機構を変更したことで、ミラーショックの少ない超高画素デジタル一眼レフカメラとして完全な別物に生まれ変わりました。5060万画素のセンサーというのはもちろん大きなインパクトですが、ミラーの動作機構を置き換え、メニューに新項目を追加してまでミラーショックを排除する徹底振りには頭が下がります。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: Canon
関連キーワード: canon, dslr, eos, EOS 5Ds
6シェア
0
6
0

Sponsored Contents