Sponsored Contents

3dPrinterの最新記事

Image credit:
Save

XYZプリンティング、光造形3Dプリンタ「ノーベル 1.0」を3月発売。積層ピッチ0.025mm

Takahiro Koguchi, @TKoguchi787
2015年2月10日, 午後04:00 in 3Dprinter
70シェア
0
1
0
69

連載

注目記事

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)
16

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)

View

XYZプリンティングジャパンは2月10日、光造形方式を採用し積層ピッチを高めたプロユース用3Dプリンタ「ノーベル 1.0」を発表しました。本体価格は22万9800円(税込・以下同)。家電量販店やネットショップ、同社WEBサイトを通じて3月上旬に国内発売します。

ノーベル 1.0は光造形(SLA)方式を採用したことが最大の特徴。熱融解積層方式を採用する同社ダヴィンチシリーズに比べて滑らかな造形出力が可能です。

Gallery: XYZプリンティング ノーベル 1.0 | 11 Photos

11

XYZプリンティングは台湾に拠点を置くプリンタ専業メーカー。2014年には個人向けに7万円を切る3Dプリンタ「ダヴィンチ 1.0」を発売して話題を集めました。

また同社は小麦粉などの食材を使った「3Dフードプリンター」を年内に発売する計画。3Dプリンター関連で積極的な事業展開を進めています。

XYZ プリンティングの3Dフードプリンタ製クッキーを試食。2000ドル以下で2015年Q2発売予定

XYZプリンティングが今回発売する「ノーベル 1.0」は、造形時に臭気が発生する光造形(SLA)方式を採用することから、家庭用ではなくプロユースにも対応したミッド・ハイモデルという位置づけ。

SLA方式を採用しながら20万円台と低価格で、趣味の分野だけでなく、これまで価格を理由にSLA方式の3Dプリンタに手を出せなかった中小企業の試作制作など、ものづくりの現場でも十分に対応できるとしています。



本製品の最大の特徴は、同社製3Dプリンターとして初めて「光造形方式」を採用した点。

光造形(SLA)は、レジンに紫外線を当てて硬化させることで造形します。同方式により積層ピッチを 0.1mm以下と細かくできるため、段差の少ない滑らかな出力が可能。担当者も『ダヴィンチシリーズの印刷品質に満足できないユーザー、プロユーザーのニーズにも応えられる』と自信を示します。



ノーベル 1.0には専用ソフトウェア「XYZware Nobel」が同梱します。機能としてはPC画面上での印刷物プレビュー、積層ピッチの選択(0.025mm、0.05mm、0.1mm)、レジン色の選択、出力物に応じたサポートやエッジの有無の選択など。

OSはWindowsとMacをサポートしますが、3月上旬の発売当初はWindowsのみの対応となります。

またUSBホスト機能に対応し、PC不要での印刷にも対応。USBメモリを本体背面にスロットに装着することで、PC不要でデータを出力できます。



ノーベル 1.0はレジンの自動充填機能を備えます。

仕組みとしては、センサーがレジンボトル内の水位低下を感知すると、空気圧によりレジンをレジンボトルからレジンタンクに自動供給する仕組み。レジンタンク内の水位を気にせず印刷できるとしています。なおXYZプリンティングでは、レジンタンクはレジン1kgごとに交換することを推奨しています。




会場にはノーベル 1.0を使った作品例も出展されていました。



ノーベル 1.0は3月上旬に国内発売予定。価格は本体が22万9800円、専用のレジン(500g入り 2本)は1万5800円、専用のレジンタンクは7200円(税込)です。家電量販店やECサイト、販売代理店を通じて販売されます。





CAREERS TechCrunch Japan
連載:KAKEHASHI取締役CTO海老原氏に聞くスタートアップへの転職


 


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: 3dPrinter, nobel, xyzprinting
70シェア
0
1
0
69

Sponsored Contents