Sponsored Contents

audioの最新記事

Image credit:
Save

ソニーSmart B-Trainerは3月7日発売。6種のセンサと音楽再生対応のランニングサポート端末

Takuro Matsukawa
2015年2月12日, 午後07:59 in Audio
128シェア
0
0
0
128

連載

注目記事



ソニーはランニング向けのウェアラブル端末 Smart B-Trainer SSE-BTR1 を3月7日に発売します。

今年1月にラスベガスの CES 2015 で初公開された Smart B-Trainer は、イヤホン型の本体に心拍計やGPS など6種類のセンサを備え、消費カロリー、速度、走行ルートなど11種類のデータを記録するランニング用サポートデバイス。ユーザの走行ペースや心拍数などに応じて音声でコーチングするとともに、記録したデータはスマートフォン用アプリで管理・確認します。

Gallery: Sony Smart B-Trainer | 6 Photos

6

Gallery: Sony Smart B-Trainer @CES 2015 | 9 Photos

9



アプリでは走行データの確認のほか、ダイエットやレースへの参加など目的やレベルに応じたトレーニングメニューが簡単に作成でき、Bluetooth でSmart B-Trainer へ転送できます。

トレーニングメニューは脂肪燃焼などの目的ごとに用意されているほか、ユーザ設定も可能。さらにナイキのランニングアドバイザー金哲彦氏が監修したメニューや、アシックスのトレーニングプランサービス「MY ASICS」と連携したメニューも提供予定です。

また本体には16GB のメモリを備え、音楽ファイルを保存して単体で音楽再生が可能。加えてソニーの12音解析技術で曲のテンポを解析し、走行ペースが早い場合は遅いテンポの曲を、ペースが遅い場合は早いテンポの曲を自動的に再生してユーザをガイドする機能も備えます。



そのほかの主な仕様は、内蔵センサが心拍、GPS、加速度、ジャイロ、電子コンパス、気圧。計測可能データが心拍数、消費カロリー、距離、時間 、スピード、ペース、ピッチ、歩数、ストライド、走行ルート、高度。

接続インターフェイスはBluetooth、NFC、USB 2.0。再生可能な音楽ファイルはMP3、WMA、ATRAC、リニアPCM、AAC。プロテクトのかかったファイルは再生できません。

電源は内蔵リチウムイオン充電池。駆動時間はトレーニングメニューを起動しGPS とBluetooth オンで約3時間。充電はUSB 経由で約1.5時間。

本体重量は約43g。カラーはブルー、ホワイト、ピンク、ブラックの4色。IPX5/IPX8 相当の防水性を備え水洗いも可能です。

ソニー Smart B-TrainerSSE-BTR1 は2015年3月7日(土)発売。価格はオープン。ソニーストアでは税別2万6500円で予約受付中です。

また専用アプリSmart B-Trainer for Running も3月7日から無償配信予定。Android とiOS に対応します。

CES 2015 での展示の様子も併せてどうぞ。

ソニー、心拍計やGPS内蔵のスマートウェア Smart B-Trainer 出展。音楽再生、コーチング機能内蔵



情報提供について
Engadget 日本版へのスクープ等の情報提供を希望される方は、こちらのフォームよりお知らせ下さい。内容を確認し、場合によっては編集部よりご連絡差し上げます。

広告掲載のお問い合わせ
広告についてのお問い合わせは、こちらのページをご覧ください。

Via: Sony News
Source: Sony
関連キーワード: audio, ces2015, Smart B-Trainer, SONY
128シェア
0
0
0
128

Sponsored Contents