Sponsored Contents

dellの最新記事

Image credit:
Save

デル、10.1型Atom搭載タブレットVenue 10シリーズ5モデル発表。Winモデルは合体式キーボード付属

Shingi Hashimoto
2015年2月25日, 午後12:15 in Dell
27シェア
0
0
0
27

連載

注目記事


デルが10.1インチ液晶パネルとAtom Z3735Fを搭載するタブレットVenue 10シリーズとなる2シリーズ5モデルを発表しました。発売は4月下旬から、予約開始は2月27日からです。

シリーズの違いはOSとキーボードの有無。LollipopことAndroid 5.0を搭載するVenue 10は3万6980円から、Windows 8とOffice Home and Businessを搭載するVenue 10 Proは4万2980円から。Proは本体と合体可能なキーボードも付属。両シリーズとも上位モデルとしてLTE SIMフリーモデルが用意される点も特徴です。


【12時45分訂正】当初Venue 10 Proのキーボードを360度回転式ヒンジ搭載と記載しておりましたが、実機で確認したところ異なっていたため、訂正させていただきました。お詫び申し上げます。

Gallery: デル10.1型タブレット Venue 10シリーズ | 29 Photos

29



Proのラインアップは3グレード。違いはストレージ容量と液晶パネルの解像度、LTEモデルの有無です。キーボードとOfficeは全モデルに搭載されます。メインメモリは2GBで、本体のみでのサイズは262×176×99mm(幅×高さ×厚さ)、重量はキーボード込みで1.3kgから。



本体とキーボードとの合体機構は、本体の表面裏面問わずに可能なシステム。裏面側にして装着することで、いわゆるYOGAタイプの2-in-1ノートPC的な、タブレットスタンドモードやテントモードでの運用も可能です。




またワコム製のアクティブスタイラスペンもオプションで対応。本体側のデジタイザー機能はすべての本体に搭載されており、別売りのペンを購入すれば使えるというシステムです。

最廉価となる「Wi-Fiスタンダードモデル」はストレージ32GB、1280×800ドット対応液晶、LTEモデムなしで4万2980円。

ミドルレンジとなる「Wi-Fiハイエンドモデル」はストレージ64GB、1920×1080ドット(フルHD)対応液晶、LTEモデムなしで4万6980円。

最上位となる「LTE SIMフリーモデル」はストレージ64GB、1920×1080ドット(フルHD)対応液晶、LTEモデム搭載で5万6980円。LTEモデムは1万円アップとなる換算。LTEモデムはインテル製XMM 7160ベースである点もアピールしています。



Venue 10無印のラインアップは2モデルで、違いはLTEモデムの有無のみ。面白いことにこちらの液晶パネルはフルHD(1920×1080ドット)対応のみとなります。ストレージ容量は32GB、メインメモリは2GB。本体サイズはProと同じ262×176×99mm(幅×高さ×厚さ)、重量は656.9gから。



こちらはWi-Fiモデルが3万6980円、LTE SIMフリーモデルは4万5980円です。

デルのAtom搭載タブレットはLTEモデム搭載モデルが比較的安価に入手できることから、通信機能を重視するユーザー層を中心に高い評価を得ていますが、今回の新モデルはそうした路線を推し進める製品となりそうです。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: DELL
関連キーワード: dell, dell Venue, Venue 10, Venue10 Pro
27シェア
0
0
0
27

Sponsored Contents