Sponsored Contents

slingboxの最新記事

Image credit:
Save

Slingbox M1は国内4月10日発売。スマホから設定や Chromecast に対応

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2015年3月25日, 午後05:01 in Slingbox
45シェア
0
0
0
45

連載

注目記事

チートレベルの操作性!  最強ゲームスマホ「ROG Phone」✕「ハズキルーペ」でドン勝しまくる:ベストバイ2018

チートレベルの操作性!  最強ゲームスマホ「ROG Phone」✕「ハズキルーペ」でドン勝しまくる:ベストバイ2018

View
どこでもテレビシステム Slingbox シリーズを扱うフロンティアファクトリーが、新モデル Slingbox M1 を発表しました。新機能としてスマートフォン/タブレットからの設定が可能となったほか、専用アプリ「Slingplayer」は Chromecast に対応しました。
 

Gallery: Sling ビデオリモート試聴ボックス Slingbox M1 | 13 Photos

13

 

 
Slingbox は自宅のレコーダーなどに録りためた番組を、インターネット経由でどこでも視聴可能とするいわゆるロケーションフリーボックス。今回発表の Slingbox M1 は米国では昨年夏に発売となっていたモデルで、これまで PC がなければできなかった設定作業がスマートフォンからも行えるようになりました。

Chromecast へのストリーミングに対応したのも新機能のひとつ。たとえば出張先のホテルのテレビに HDMI 入力があれば、スマートフォン/タブレット用の有料アプリ「SlingPlayer」から Chromecast を経由し、テレビの大画面で番組の視聴が可能です。「SlingPlayer」は iOS 版が1500円、Android 版が1099円。PC版の視聴アプリは無料です。
本体は先代となる Slingbox 350 よりもひとまわりほど小さくなりつつ、802.11a /b /g /n WiFi に対応。テレビまわりに LAN ケーブルが来ていなくても使えるようになりました。

Slingbox M1 本体は HDMI 入出力を備えておらず、専用の HDMI コンバーターが付属します。発表文によれば、HDMI への対応により現在販売されている90%以上のレコーダーに接続可能になったとのこと。ただ HDMI コンバーターは Slingbox M1 本体が持つ 1080p の出力に対応していません。このため HDMI 接続する際は出力設定を 1080i 以下にしなければならないのは残念なところです。

入出力はコンポーネント(ビデオ)、コンポジット(ビデオ)、アナログ音声(左右)をそれぞれ入力と出力1系統ずつ装備。100Base-TX 対応の RJ-45 イーサネット端子を備えます。

本体大きさは幅180 x 高さ45 x 奥行110mm。重さ420g。電源用 AC アダプター、コンポーネントビデオケーブル、コンポーネント D 端子ケーブル、ステレオ音声ケーブル。赤外線リモコンケーブルなどが付属します。

発売日は4月10日。価格はオープンプライス。店頭予想価格は3万2800円前後です。

訂正:当初発売日を「4月30日」としていましたが、実際には4月10日です。訂正してお詫びいたします。


Source: Slingbox
Coverage: FrontierFactory
関連キーワード: slingbox, slingbox m1
45シェア
0
0
0
45

Sponsored Contents