Sponsored Contents

VAIOの最新記事

Image credit:
Save

15.5型ノート VAIO Fit 15E | mk2 発表。ピンク本体や1TB HDD、BD仕様も復活したビジネス向けPC

Shingi Hashimoto
2015年4月14日, 午後02:05 in Vaio
78シェア
0
0
0
78

連載

注目記事

チートレベルの操作性!  最強ゲームスマホ「ROG Phone」✕「ハズキルーペ」でドン勝しまくる:ベストバイ2018

チートレベルの操作性!  最強ゲームスマホ「ROG Phone」✕「ハズキルーペ」でドン勝しまくる:ベストバイ2018

View


VAIO株式会社が、15.5インチ液晶を搭載したノートPC『VAIO Fit 15E | mk2』を発表しました。発売は4月23日から(構成によって異なります)、予約開始は4月14日から。価格は最廉価構成で5万6800円(税抜)からです。

本シリーズは、いわゆる家庭内ノートPCやビジネス用ノートPCとして位置づけられるベーシックモデル。モバイルノートPCでは見られなくなった、Blu-ray Disc(BD)ドライブやDVDスーパーマルチドライブ(いわゆる光学ドライブ)、メインメモリ拡張用のスロット、テンキー付きキーボードを搭載します。

Gallery: VAIO 15.5型ノートPC VAIO Fit 15E | mk2 | 14 Photos

14



前モデル『VAIO Fit 15E』からの主な改良点は、比較的大規模なビジネスの現場で要求が高い機能を搭載するところ。具体的には、ディスプレイ端子にミニD-Sub15ピン(いわゆるVGA端子)を追加した点、TPMセキュリティチップとWake On LAN機能の搭載が挙げられます。



さらに、ソニー時代のモデルでは用意されていたもののVAIO株式会社ではこれまでなかったピンクの本体カラーや、BDドライブ、1TB版HDDのオプションも「復活」。本体カラーは従来モデルのブラックとホワイトを合わせた、計3色となりました。

本体サイズはタッチ対応版が380.3×260.8×26.1mm(幅×奥行×厚さ)、タッチ非対応版は厚さが1cm減り、25.1mmとなります。重量はタッチ対応版が約2.7kg、非対応版が約2.5kg。



CPUはHaswell Refreshこと第四世代Core i、および同世代のCeleron。消費電力と発熱の目安となるTDP値は15Wという、いわゆる低消費電力タイプのHaswell-U版です。

BTOオプションとしては4種。Core i7-4510U(2コア4スレッド、基本クロック2GHz、ターボ時最大3.1GHz)、Core i5-4210U(2コア4スレッド、基本クロック1.7GHz、ターボ時最大2.7GHz)、Core i3-4010U(2コア4スレッド、クロック1.7GHz)、そしてCeleron 2957U(2コア2スレッド、クロック1.4GHz)です。





液晶ディスプレイは解像度とタッチ搭載、非搭載を掛け合わせて計4種。解像度はフルHD(1920×1080ドット)とWXGA(1366×768ドット)からの選択で、非タッチでも光沢仕上げです。なお、個人向け標準仕様モデルでは、すべてタッチ非搭載仕様なのが面白いところ(写真は上側がタッチ搭載、下が非搭載モデル)。

メインメモリのオプションは4GB(4GB×1枚)か8GB(4GB×2枚)。メモリスロットは2基を搭載し、最大16GBまで拡張可能です。ストレージはHDDで、500GBと1TBの選択が可能。



光学ドライブはBDXLと書き込みにも対応するBlu-ray Discドライブ、およびDVDスーパーマルチドライブからの選択。OSも64ビット版Windows 8.1と同Proに加え、Windows 7 SP1の64ビット版と32ビット版も搭載可能です。

主な拡張端子は、USB 3.0×1(電源オフ時の給電に対応)、USB 2.0×2、HDMI×1、VGA(D-Sub 15ピン)×1、有線LAN(1000BASE-T)×1、SDカードスロットなど。バッテリー駆動時間はJEITA 2.0測定法で約5.7~8.6時間(Windows 8.1搭載時)です。



なお、ソニー時代から比較的評価の高かった本体各所のデザインや、左右底面に加えて本体後方底面にサブウーファーを搭載したスピーカーといった特徴は継承。より幅広い状況で使えるモデルとして仕上がった印象です。



以下余談。現在VAIOを代表するモデルであるVAIO ZのコードネームはShenronですが、これは人気マンガ、ドラゴンボールに登場する神龍から取られています(詳細は下記記事を参照ください)。そしてその流れで本機を見ると、ちょっと面白い偶然があるのです。

VAIO Z設計者が解体する『VAIO Z徹底分解』レポ。開発名は神龍、Fitからは99%新規設計

というのも、作品としてのドラゴンボールは、ちょうど新作映画『ドラゴンボールZ 復活の「F」』が4月18日から公開され、しかもその筋書きは作中の人気敵キャラフリーザが地球のドラゴンボール(つまり神龍)によって復活して物語がスタートする、という導入なのです。

対して、本モデルは神龍、つまりVAIO Zが出た直後で、ソニー時代の仕様が復活したF(it)、しかも映画公開寸前のタイミングであるこの時期の発表というわけです。さすがにVAIO側がこれを狙った、というワケではないでしょうが、偶然にしてもちょっと面白いところ。願わくば、映画ともどもの大ヒットを狙ってほしいところです。


Source: VAIO
関連キーワード: VAIO, VAIO Fit, vaio fit 15e mk2
78シェア
0
0
0
78

Sponsored Contents