Sponsored Contents

Microsoftの最新記事

Image credit:
Save

速報:Windows 10のエディション構成発表。Home / Pro / スマホ版Mobileは無料アップグレード(期間限定)

Ittousai, @Ittousai_ej
2015年5月14日, 午前02:40 in Microsoft
23シェア
0
23
0
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
 ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

View


マイクロソフトが Windows 10のエディション構成を発表しました。

Raspberry Pi からスマホ、Xbox One やメガネ型ホログラムコンピュータ HoloLens まで多様な機器で動く Windows 10ですが、エディションとしては従来どおりの Home と Pro を基本に、スマホや小型タブレット向けにMobile、ライセンス方式が違う大企業向けのEnterprise系を加えた構成です。


各エディションと概要は、


Windows 10 Home (個人・家庭向けPC版)
Windows 10 Pro (スモールビジネス向けPC版)


「サービスとしてのWindows」をうたい、固有の名前を持った従来型のメジャーリリースとしては最後のWindowsになるともいわれるWindows 10 ですが、個人用に Home と Pro の二種類がある点は従来どおりです。

対象のデバイスは従来型のデスクトップやノートPC、2 in 1 タブレットなど。

Windows 10 Home には、ユーザーの名前を呼び検索から秘書仕事までこなすパーソナルアシスタント Cortana (コルタナ)、IEではない新生ウェブブラウザ Microsoft Edge、使い慣れたデスクトップモードとタッチ最適化のタブレットモードにUIが切り替わる機能 Continuum (コンティニュアム)、虹彩認証や赤外線3D顔認証、指紋認証高速ログインのWindows Hello 、Xbox OneからのストリーミングプレイやシステムレベルのPCゲーム録画、Xbox Live共有を含む Xboxゲームなど、これまで発表済みのWindows 10目玉機能が含まれます。

Windows 10 Pro は上記に加えて、スモールビジネス向けの高度なセキュリティ機能やリモート・モバイルを使ったプロダクティビティ向け対応、デバイス管理、Windows Update for Business を含む追加機能に対応します。

上記の2エディションは、この夏のWindows 10リリースから一年間に限り、Windows 7 / 8 の対応エディションから無料でアップグレードできます。アップグレード後はそのままフル機能をずっと利用可能です。


Windows 10 Mobile (個人向けスマホ版)

Windows 10の世代から、スマートフォン向けのOSも Windows Phone ではなくPCと同じ「Windows 10」のモバイルエディションという位置付けになりました。スマートフォンのほか、タッチ中心の小型タブレットでも Mobile を採用します。

アプリは Windows 10デバイス汎用で動くユニバーサルアプリに対応。Windows Store でユニバーサルアプリを入手すれば、PCでもモバイルでも、UI画面の大きさや入力方法にあわせて最適化しつつ実体は同じアプリが動きます。

また一部のスマートフォンや小型タブレットについては、画面を広いモニタに出力しキーボードなどを接続すれば、ユニバーサルアプリ限定ながらデスクトップ同様のインターフェースで使える Continuum for phone に対応します。

WIndows 10 Mobile についても、リリースから一年間は Lumia などWindows Phone 8.1スマートフォンから無料でアップグレードできます。このエディションはARMプラットフォームにも対応。


Windows 10 Enterprise
Windows 10 Education
Windows 10 Mobile Enterprise


この3つはボリュームライセンス契約を結ぶ大企業や教育機関限定。モバイルエンタープライズはスマホ用のボリュームライセンス版です。こちらも組織レベルの管理機能や Windows Update for Business など追加のビジネス向けセキュリティやマネジメント機能をそなえます。

またWindows 10 Enterprise と Mobile Enterprise については、PoS端末やATMなど産業用バージョンも用意します。

さらに組み込み用には Windows 10 IoT Core を用意。Raspberry Pi にWindows 10を無料提供で話題になったエディションです。いわゆるモノのインターネット向けに、開発のしやすさやクラウドとの親和性、広いハードウェア対応、PCやスマートフォン版 Windows との親和性を売りにします。








「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: Microsoft
関連キーワード: Microsoft, windows10
23シェア
0
23
0
0

Sponsored Contents