Sponsored Contents

ak380の最新記事

Image credit:
Save

Astell & Kern ポータブルハイレゾプレーヤ AK380発表。シリーズ最上位の「プロフェッショナルモデル」

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2015年5月15日, 午後05:40 in Ak380
89シェア
0
89
0

連載

注目記事

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View
iriverが、Astell & Kern ブランドのポータブルハイレゾプレーヤー最上位となる AK380 を発表しました。AK240 の流れをくむ錯視風デザインを採用。384kHz/32bit および DSD 5.6MHz のネイティブ再生に対応し、「プロフェッショナルの使用環境におけるニーズに応える」音質へとさらに磨きをかけています。
 

Gallery: Astell & Kern AK380 | 6 Photos

6

 
 

AK380 の特徴のひとつは、長方形の液晶ディスプレイに対して斜めにズレたような錯視効果を生み出す筐体デザイン。同じようなデザインといってもまだ直線的な AK240 に対し、AK380はさらに複雑な多面体を構成しています。

「プロフェッショナルモデル」をコンセプトとして打ち出した AK380 は、DAC を AK240 のシーラスロジック CS4398 x2 から旭化成エレクトロニクス AKM AK4490 のデュアル構成へと変更しました。

PCM 系音源では最大 384kHz/32bit までのネイティブ再生が可能。DSD も最大5.6MHzまでネイティブ再生し、メーカーいわく「スタジオマスタークオリティーのサウンドをBit-to-Bitで忠実に再現する」性能を得たとしています。

再生可能なファイル形式は WAV /FLAC /MP3 /WMA /OGG /APE /AAC /ALAC /AIFF /DFF /DSF。内蔵のストレージ容量は 256GB。さらに 128GB までの microSDXC カードスロットを備えます。

低ジッターを実現するという電圧制御水晶発振器(VCXO)を採用。また音質調整のためのイコライザーは AK240 が10バンドだったのに対して20バンドの Parametric EQ 機能を搭載しました。

ほか DLNA 機能を搭載し、専用アプリを使えばスマートフォンやタブレットからの制御が可能。ポータブル用途だけでなく据え置きのプレーヤーとしてもそのまま使えるとアピールします。

入出力は microUSB(充電およびデータ転送用)、3.5mmステレオミニ(アンバランス出力)兼光デジタル出力端子、2.5mm/4極のバランス出力端子。出力レベルはアンバランスが2.1Vrms、バランスは2.3Vrms(無負荷)。出力インピーダンスはアンバランスが2Ω、バランスが1Ω。SN比はアンバランス116dB、バランスでは117dB。

IEEE802.11b /g /n WiFi(2.4GHz)に対応。Bluetooth 4.0に準拠し、プロファイルは A2DP /AVRCP を備えます。

4型、480 x 800 解像度の静電容量型タッチパネルを搭載。バッテリー容量は3400mAh。本体大きさは縦112.4 x 横79.8 x 厚さ17.5mm。重さは約218g。カラーはメテオリックチタン、背面は AK240 と似たカーボン調となっています。

最近の Astell & Kern 製品の発表のしかたに倣い、発売時期を価格はいまのところ未定。参考まで記しておくと、現時点で AK シリーズ最上位(AK500N除く)の AK240 SS は直販価格が38万4000円。スペック向上分と最近の物価上昇を考えると、AK380 もそれなりの覚悟が必要な価格となりそうです。
ちなみに、AK380 には専用ドック風のアクセサリー類も用意されている模様。記事執筆時点で詳細は不明なものの、販売を担当するアユートは5月16~17日に中野サンプラザで開催の「春のヘッドホン祭2015」に AK380 を出展予定なので、現地で確認できるかもしれません。なおヘッドホン祭では AK380 の試聴も可能ですが、会場で配布される整理券が必要とのこと。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

89シェア
0
89
0

Sponsored Contents