Sponsored Contents

droneの最新記事

Image credit:
Save

動画:国際ドローン展を小泉進次郎政務官が視察、ドローン初体験『可能性広げたい』

Takahiro Koguchi, @TKoguchi787
2015年5月22日, 午後03:36 in Drone
133シェア
0
75
0
58

連載

注目記事



幕張メッセで22日(金)まで開催中の「第1回国際ドローン展」より。最近なにかと世間を賑わしているドローン(無人航空機)の見本市を、小泉進次郎 内閣府大臣政務官が視察しました。進次郎氏は5分程度の飛行操作体験を行い『リスクは承知だが可能性を広げたい』と話します。




ドローンの飛行操作体験を終えた小泉進次郎のコメントは1:10〜から

<感想一部抜粋>

すごく操作が安定していた。橋を模したものを下から、ここが壊れているから修理しなければいけないというポイントを、私がドローンを動かしながら写真撮影していたんですね。その写真自体は、こういうと自画自賛になるが、ちゃんと動きながらでもブレなく撮れて、これは活用範囲はかなり広いんじゃないかな。特に最近いろんな事件がありましたから、リスクの部分ばかり報じられるようになっているが、リスクはしっかり見ながら、どうやって可能性を大きくしていくか、そういう発想を忘れないで取り組んでいかなければいけない



小泉進次郎氏が飛行操作体験を行ったのは「インフラ点検型」のドローンです。

2020年の東京五輪に向け、ドローンの活用先として最も注目を集めているのがこのインフラ点検型ドローンで、高所での点検作業を人に代わって行える点などが特徴。高度経済成長時代に造られ老朽化した橋やトンネルのメンテナンスに活用しようという機運が高まっています。


ドローンを使った点検作業はモニター上にこのように表示されます。


没入感のある360°全天球の仮想現実マシン Oculus Riftを装着する小泉進次郎氏。実際にドローンを操縦する前に、VRマシンで本物さながらの操縦訓練も行えます。

(更新中)



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

133シェア
0
75
0
58

Sponsored Contents