Sponsored Contents

ak380の最新記事

Image credit:
Save

50万円のハイレゾポータブルプレーヤー Astell & Kern AK380 予約開始。7月10日発売

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2015年6月26日, 午後07:30 in Ak380
132シェア
0
132
0

連載

注目記事

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View
iriverは Astell & Kern ブランドのポータブルハイレゾプレーヤー AK380 を7月10日に発売します。価格は49万9800円。本日6月26日より、全国の主要家電量販店およびオーディオ専門店、iriver の直販サイトで先行予約を受け付けています。
 
 


 
プロオーディオの使用環境で求められるニーズに応えるという内部は、DACに旭化成エレクトロニクスのAKM AK4990を左右チャンネルに1基ずつ採用。内部のGND回路も左右チャンネルで別回路とすることでクロストーク低減とS/N比の改善とダイナミックレンジの拡大をはかっています。

また高精度な電圧制御水晶発振器(VCXO:Voltage-Controlled Crystal Oscillator)を採用。超低ジッター化によりソース音源を正確に再生できるとしています。

本体の機能としては、DLNAベースの「AK Connecct」を搭載。WiFi で PC や NAS からワイヤレスで音源をストリーミング再生したり、ダウンロードできます。ポータブル製品ですが、ネットワークプレーヤーとして据え置き使用も可能です​。ワイヤレス機能は 802.11b/g/n WiFi。Bluetooth 4.0 にも対応。USB-DAC としても使えます。

ディスプレイは静電容量式タッチスクリーンを採用。さらに本体ディスプレイ下部にはメタルタッチセンサーを備え、iPhone のように一発でホーム画面に戻れるホームボタンとして機能します。


再生可能なファイル形式は WAV /FLAC /MP3 /WMA /OGG /APE /AAC /ALAC /AIFF /DFF /DSF。最大 384kHz/32bit までの PCM 方式音源、または DSD 2.8MHz~5.6MHz のネイティブ再生に対応します。

ストレージは内蔵256GB。microSD カードスロットは最大128GB までの microSD カードに対応。ヘッドホン出力は3.5mm ステレオミニ(アンバランス)と2.5mm 4極ジャックのバランス出力を備えます。

本体大きさは112.4 x 79.8 x 17.9mm、重さは約230g。カラーはメタリックチタン。

なお、別売りオプションとして専用ヘッドホンアンプ、クレードル、リッピング用のCDドライブなどが発売される予定です。





「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

132シェア
0
132
0

Sponsored Contents