Sponsored Contents

DSPの最新記事

Image credit:
Save

Windows 10版自作応援キャラクター名は『窓辺 とうこ』に決定、CV担当の野中藍も登場

Shingi Hashimoto
2015年7月31日, 午後10:30 in Dsp
265シェア
0
208
0
57



特設サイト
bunner

   

 

連載

注目記事




秋葉原で開催中のDSP版Windows 10 発売記念前夜祭にて、Windows 10世代の「自作PC応援キャラクター」の名称が発表されました。名前は『窓辺 とうこ』です。

とうこ嬢は、キャラクターイラストや基本設定こそ既に発表されていたものの、名前に関しては公募終了後「近日発表」という状態でした。自作応援キャラクターとしての活躍開始となる、このタイミングでの発表となった格好です。



発表会には、声優を担当する野中 藍さんがコスプレ姿で駆けつけ、司会役のテクニカルライター高橋 敏也氏と掛け合いをしつつ、キャラクター設定の裏話などが語られました。

Gallery: Windows 10 自作PC応援キャラクター 名前発表会 | 12 Photos

12


さて、冒頭では解説なしで流した「自作PC応援キャラクター」ですが、これは自作PC向けのWindowsとなる「DSP版」のキャンペーンキャラクターという位置づけ。

初めて登場したのはWindows 7担当となる『窓辺ななみ』(まどべななみ)嬢ですが、CV(声優)を実力派として知られる水樹奈々さんが担当したことなどから大人気に。「自作PC応援キャラクターのオリジナル特典が付属するWindows」という日本以外では説明に時間が掛かるようなパッケージも発売されることになりました。

DSP版 Windows 7「窓辺ななみ Sweet Memory」限定パック発売、未公開デザインや誕生秘話の特典付き

この人気を受けて、Windows 8では双子の『窓辺あい』と『ゆう』が登場。さらにマイクロソフトのクラウドサービスであるWindows Azure(現Microsoft Azure)にも、応援キャラクターとして『クラウディア・窓辺』嬢が就任するなど、広がりを見せています。

Windows 8発売記念パックは「窓辺ゆう」と「窓辺あい」2種、ウェッジタッチマウスつき

DSP版 Windows 8.1 Pro『応援ソング』パックに冬バージョン、窓辺ファミリーは冬コミ参戦

こうした経緯から、当然のようにWindows 10世代でもキャラクターが設定された......という流れです。



とうこ嬢の基本設定は、「100年後の未来の窓辺家からやってきた窓辺家系の少女。成績優秀な才女で、テクノロジに関する知識が豊富だけれど、少し天然なところもある」「窓辺ななみと同じPCパーツショップ『秋葉野自作商会』で新人アルバイトとして勤務中」といったところ。

さらっと流してはいますが、Windows 10のアップグレード思想である『Windows As A Service』に対して、100年後から時を超えて来るという設定を盛り込むなど、一種挑戦的な設定も見え隠れするキャラです。


さて名前発表会では、冒頭で紹介したように裏話も披露。野中さんからは、「実はPCとは縁が遠い生活なので、用語などをスムーズに話すのが大変でした」という話が出たかと思えば、キャラクターを管理するWindows NAVI+事務局側からは「実は野中さんの声を聞きながら性格を決めていきました」「実は2面性のあるキャラクターなので、そういったところが今後出てくると思います」という爆弾? 発言も飛び出しました。




発表会の最後は、野中さんが「実は名前を入れて話すのは初めてです」という、とうこ嬢の挨拶で締め。流石の声で会場を沸かせました。


こうして名前も無事に正式発表され、応援される側のDSP版Windows 10も発売されたことで、とうこ嬢の活躍はこれからが本番。元祖であり一番人気のななみ嬢を超える人気となれるかどうか、また水道橋重工の巨大ロボKURATAS(クラタス)との共演があるのか......など、今後の活躍を期待したいものです。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

265シェア
0
208
0
57

Sponsored Contents