Sponsored Contents

APIの最新記事

Image credit:
Save

ホンダがロボット一輪車 UNI-CUB の API公開へ。パーソナルモビリティ活用案を募集

Katsue Nagakura
2015年8月4日, 午前08:30 in Api
126シェア
0
126,"likes":45
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View


ホンダは今秋にも、椅子のようなパーソナルモビリティ「UNI-CUB(ユニカブ)」をリモート制御するためのAPIを外部の開発者向けに公開します。今春シリコンバレーに移転した研究開発拠点を7月末に報道陣に公開し、明らかにしました。

Gallery: Honda Uni-Cubパーソナルモビリティ | 7 Photos

7


UNI-CUBは人型ロボット ASIMOのバランス制御技術を応用したパーソナルモビリティ(一人用移動機械)。イスに腰掛けるようにして乗り、行きたい方向へ重心を傾けると前後左右へ自然に動いてくれます。中央の大きな車輪は、多数の小さなタイヤをリングに通して大きなタイヤにしたような構造の全方位車輪 (オムニトラクションシステム) 。旋回せずに真横に平行移動もできます。

オムニトラクションホイールが大きいため一輪車のように見えますが、後ろに小さな旋回用の補助輪があり、厳密には一輪車ではありません。最高時速は6km、内蔵リチウムイオンバッテリーで航続距離も6km。構造的に大きな段差は超えられないため、屋内バリアフリー空間での運用を想定しています。


秋に公開予定のAPIを使えば、外部の開発者でも UNI-CUBの走行スピードや方向などを自在に制御できるようになります。報道陣への公開では 奥行きセンサーのリープモーションを利用して、UNI-CUBのジェスチャーによる制御を実演しました。

現状の UNI-CUBは、乗っている人が重心を傾けてスピードや方向を制御するほか、ホンダが開発したスマホアプリを使って制御することもできます。APIが公開されれば、たとえばユーザーが操作しなくても施設内を要所を巡るガイドツアーや、ヘッドマウントディスプレイ (HMD) と組み合わせたゲームなども作れるようになります。

UNI-CUB は2012年5月に発表され実用に向けた実験を進めてきたほか、科学館やイベント会場向けにレンタルもしています。ただ、普及のためのキラーコンテンツがまだないのが悩みどころでしょうか。APIオープン化で、実用化に弾みがつくことを期待したいものです。


広告掲載についてのお問い合わせは ad-sales@verizonmedia.com までお知らせください。各種データなどは こちら のメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: Honda
関連キーワード: API, ASIMO, HONDA, uni-cub
126シェア
0
126,"likes":45
0

Sponsored Contents