Sponsored Contents

amdの最新記事

Image credit:
Save

EIZO、スマホの通知が届くゲーミング液晶 FORIS FS2735発表。AMD FreeSync対応

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2015年8月6日, 午後12:25 in Amd
103シェア
0
103
0
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
 ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

View
EIZOが27型のゲーム向け液晶ディスプレイ「FORIS FS2735」を発表しました。特徴は EIZO 初の Bluetooth Smart 搭載により、スマートフォンから画面表示の調整ができるところ。調整した設定は EIZO 独自のクラウドサービスで友人などと共有が可能。著名プロゲーマーのオススメ設定をダウンロードすることもできます。



FS2735 は EIZO の液晶ディスプレイとして初めて Bluetooth Smart に対応しました。Bluetooth でペアリングしたスマートフォンで iOS / Android 向けの専用アプリ「G-Ignition Mobile」を使えば、スマートフォンからFS2735 の画面の色合いなどを調整できます。

設定だけでなくスマートフォンに来た電話や SNS の着信通知を FS2735 の画面に表示する機能にも対応。このため、ゲームに集中しすぎて電話に気づかないといったこともなくなりそうです。

FS2735 のもう一つの目玉であるクラウド連携機能は、EIZO が独自に提供するクラウドサービス「G-Ignition Drive」を利用します。従来は PC 内にしか保存できなかった液晶ディスプレイの設定ファイルの保存先として利用できます。同じディスプレイを使う友人との間で設定を共有できるほか、著名プロゲーマーが推奨する設定をダウンロード、適用することもできます。

ゲームに役立つ機能としてはチラつき防止技術 AMD Free Sync を搭載、さらに第3世代に進化した Smart Insight Demolition 技術により、暗くて映像が潰れてしまう部分、または逆に明るすぎる部分を補正表示することが可能となりました。ほか、輝度全域でのフリッカーフリー表示、ブルーライト低減モードなども搭載します。
 
 
ディスプレイとしては、27型、解像度 2560 x 1440px の IPS 液晶を採用。リフレッシュレートは最大144Hz。入出力は DisplayPort x1、DVI-D x1、HDMI ×2。また USB3.0 対応のUSBハブを内蔵、ヘッドホン出力と外部スピーカー用ライン出力端子を備えます。

スタンドは昇降やチルトに加え、左右に90度回転し縦画面にすることが可能です。

FORIS FS2735 の発売時期は2015年冬頃。現在も開発が継続中であり、価格は未定です。

専用アプリ G-Ignition Mobile はディスプレイ本体とおなじ今年冬頃の提供開始予定。クラウドサービスG-Ignition Drive はすでに発売中の FORIS FS2434/FS2434-R、FG2421 にも対応し、9月からの開始を予定します。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

103シェア
0
103
0
0

Sponsored Contents