Sponsored Contents

Appleの最新記事

Image credit:
Save

iPhone 6S / Plusのうわさ:動く錦鯉、12MPカメラと4K動画。感圧タッチ対応は?

Ittousai, @Ittousai_ej
2015年8月28日, 午前04:40 in Apple
227シェア
0
127
0
100

連載

注目記事



いよいよ9月9日のアップル スペシャルイベントで全貌が明かされるであろう iPhone 6S / iPhone 6S Plus (仮)について。従来どおりならば外観はあまり変わらない「S」世代のはずですが、新機能や仕様についてはやはりさまざまなうわさが飛び交っています。

カメラの画素数増加・4K動画撮影・前面ライト

まず過去の世代でもほぼ必ず繰り返されてきたカメラ機能の強化について。アップル系うわさサイトの 9to5Mac などは「詳しい筋」からの情報として、次期 iPhone ようやく 1200万画素クラスのイメージセンサを採用すると伝えています。

各社スマートフォンのなかでも総合的にカメラの写りが良いと言われる iPhone ですが、背面イメージセンサの画素数自体は、なんと2011年秋の iPhone 4S から8メガピクセルのまま増えていません。カメラの改良はイメージセンサの性能向上やレンズの明るさ、LEDフラッシュの強化、またSoC内蔵のイメージプロセッサの機能向上などによるものでした。

同じセンサ面積のまま画素数が細かくなれば1画素が小さくなり光を捉えにくくなる、バランスを考慮した結果との説明はされてきましたが、もしうわさが真実であれば、ようやく画素数で他社のフラッグシップ端末に近づくことになります。

また同時に、Androidスマートフォンやカメラでは増えてきた4K動画撮影に対応する、前面LEDライトを採用するとのうわさもあります。世界で自撮りがブームを超えて定着して久しい今日このごろですが、前面に自然なLEDライトがあれば、自撮りや前後カメラを使う中継系アプリでも健康そうな顔色を演出できそうです。

モーション壁紙(ニシキゴイ?)

12MPセンサに続いて「他社スマートフォンならばとっくに」な新機能としては、アニメーション壁紙に対応するらしい、とのうわさがあります。アニメーション壁紙といえばAnroidでは洪積世の頃から対応していました。iOSにもアブストラクトなダイナミック壁紙は最近加わりましたが、アップルが用意した種類のみ。

新たに追加される動く壁紙は Apple Watch のモーション文字盤に近いイメージで、錦鯉の優美な泳ぎなどをロック画面に表示できる新機能とされています。高級そうなヒレ長のニシキゴイ写真を配した iPhone 6S パッケージと称する写真も出まわりましたが、信憑性はまだわかっていません。

感圧タッチディスプレイ


感圧タッチといえば、Apple Watchに「クリックホイールやマルチタッチと並ぶUI革命」として導入され、長押しよりも想像しづらい選択肢として日々ユーザーを悩ませている機能。また一部の新MacBook では、押した強さに反応しフォースフィードバックでクリック感を返す感圧タッチパッドが導入されています。



iPhone への導入も自然に期待されるところですが、それが今回の iPhone 6S / 6S Plus (仮)世代になるとは限りません。一方で、Engadget が今年6月の Computex で中国のソースから入手した「iPhone 6sの寸法」によれば、縦横は現行と変わらないものの、厚みが6の6.9mmから7.1mmへ微妙に厚くなるとの話もあります。これが感圧タッチのための変更と考えることもできるかもしれません。

9月9日のスペシャルイベント速報と事前のうわさはこちらの一覧ページへ。




情報提供について
Engadget 日本版へのスクープ等の情報提供を希望される方は、こちらのフォームよりお知らせ下さい。内容を確認し、場合によっては編集部よりご連絡差し上げます。

広告掲載のお問い合わせ
広告についてのお問い合わせは、こちらのページをご覧ください。

関連キーワード: Apple, iphone, iphone6s, iPhone6SPlus
227シェア
0
127
0
100

Sponsored Contents