Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

アップル iPhone 6S イベント直前まとめ。13インチ級のiPad Pro、ゲーム対応 Apple TV、感圧タッチの iPad mini 4など発表?

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2015年9月9日, 午後12:28 in Apple
156シェア
0
156,"likes":48
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View

Siri に、アップルのスペシャルイベントについてさんざんたずねてみましたが、苦し紛れの言い訳しか引き出せませんでした。ここでは Siri に代わってこれまでに出ている情報のまとめをお送りします。

現在、発表が予想されているハードは、iPhone 6S /6S Plus、iPad Pro、iPad mini 4、Apple TV。スペシャルイベントは本日 深夜2時からです。

アップルスペシャルイベント速報はこちら。発表は本日深夜2時から。


iPhone 6S /6S Plus

iPhone 6S /6S Plus は、基本的に現行のiPhone 6 6/Plus の形状・デザインを踏襲すると言われています。ただ、iPhone 6 /6 Plus は発売当初、ジーンズのポケットに入れると変形してしまう"ベンドゲート"問題が話題となったこともあり、iPhone 6S /6S Plus ではより堅い7000シリーズのアルミ素材に変更されているという話も出ています。また新色としてピンクゴールドが追加されるかもしれません。

仕様の面ではA9プロセッサーの搭載、さらにRAMは2GBに倍増するとされています。

3D Touch Display

iPhone 6S / Plus、iPad Proには感圧タッチディスプレイが搭載されるかもしれません。昨年、MacBookのトラックパッドに初めて搭載されその後Apple Watchにも搭載された感圧タッチ。これらは「タップ」、「プレス」2段階で圧力認識するものでしたが、iPhone 6S / 6S Plus /iPad Pro ではさらに強く押す「ディーププレス」が追加され、3段階を認識する「3D Touch Display」へと進化しているようです。

なお、3D Touch Display 搭載のためiPhone 6S / 6S Plus は若干厚みが増すようで、IFA 2015 に出展されていた"自称"iPhone 6S / 6S Plus 対応のハードケースは内部にサイズ差を吸収するクッション素材を敷いているという情報もあがっています。

カメラの強化/モーション壁紙


iPhone 6S / 6S Plus の目玉のひとつに挙げられているのが、カメラの強化。iPhone 6S /6S Plus では、背面カメラの画素数が1200万画素に向上し、前面カメラにはLEDライトが搭載されるかもしれません。背面カメラは画素数だけみればiPhone 4Sから進化が止まっているだけあって、そろそろ進化が欲しいところ。また前面カメラ用ライトも、世界的に自撮りの流行が続いていることを考えると「やっときたか」という印象を持たれる人もいそうです。

Androidスマートフォンなら当たり前な「モーション壁紙」も搭載されるかもしれません。これはApple Watchの「モーション文字盤」に近いものとなりそうです。

iPad Pro

iPad Pro は、実は2013年にも一瞬うわさがあがったデバイス。アップルがIBMとの協業でビジネス・産業向けのiPad導入を進めていることから、より大きな13インチモデルが必要になったのかもしれません。

画面が大きい以外の特徴として、標準でスタイラスペンを用意するという情報もあります。産業の現場では埃や油の付着した手または手袋のままコンピューターを操作しなければいけない場面もあります。ペン先が細く筆圧も感知する標準スタイラスペンの付属は、ビジネス・産業用として使うには必須要項なのかもしれません。

なお、iPad Pro はiOS 9 の目玉機能、マルチタスクにも対応する見込みです。

iPad mini 4

OS X "El Capitan"のベータ版からその存在が見つかった iPad mini 4。出ている情報はそれほど多くはありませんが、こちらもiOS 9 のマルチタスク機能に対応するとされます。

ちなみに現行iPadでiOS 9 のマルチタスクに対応するのは iPad Air 2 だけです。

Apple TV(第4世代)

2012年のアップデートを最後に進化が止まっていたApple TVは、かなり大きな変化をともなって登場しそうです。CPUはA8プロセッサーとなり、iOS 9を搭載。App Store に対応し、ゲームアプリのインストールが可能になるとされます。

リモコンはモーションコントロールに対応するBluetoothコントローラーとなり、タッチ操作にも対応。さらに Siri によるユニバーサル検索機能なども予想されています。

アップルが独自にTV番組の制作に着手しているといううわさも、AppleTVの大化けを予感させるものです。

アップルスペシャルイベント速報はこちら。発表は本日深夜2時から。

iPhone 6S / Plus、iPad Pro は3段階感圧の 3D Touch Display 搭載?

iPhone 6S / Plusのうわさ:動く錦鯉、12MPカメラと4K動画。感圧タッチ対応は?

13インチ級の iPad Pro は iPhone 6S / Plusと同時発表?筆圧ペンや分割マルチタスク対応

うわさ:新Apple TVは149ドルから。ゲーム対応の新コントローラ付属、Siriでユニバーサル検索も

アップル、iPad mini 4(仮)は iOS 9の画面分割対応? OS X El Capitan ベータからファイル発見

アップル、動画ストリーミング開始に向け独自番組を準備中? ハリウッド関係者と交渉​



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

156シェア
0
156,"likes":48
0

Sponsored Contents