Sponsored Contents

3dTouchの最新記事

Image credit:
Save

iOS版iMovie 2.2 リリース。4K、1080p/60fps動画編集、iPadのマルチタスキングなどに対応

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2015年9月17日, 午後12:45 in 3Dtouch
84シェア
0
84
0
0

連載

注目記事


アップルが iOS 版 iMovie バージョン2.2をリリースしました。目玉となる新機能は4K動画の編集に対応したこと。iPhone 6s /6s PlusiPad Proを使って3840 x 2160解像度の動画編集が可能。iPhone 6s /6s Plus では、3D Touch対応によりホーム画面からクイックアクションで直接動画編集へとジャンプできます。
 
そのほか、iPad Pro の Smart Keyboard を含むショートカットキー操作に対応。iPhone 6 以降であれば60fpsの1080p動画編集も可能です。

さらに iOS 9 と iPad の組み合わせでは「写真」アプリの iMovie 用拡張機能によって、マルチタスキングの Slide Over と Split View 操作にも対応しました。

iOS 版 iMovie の新機能一覧は下のとおりです。

バージョン 2.2 の新機能

  • 対応するiOSデバイスで、ひときわ美しい4K解像度(3840 x 2160)でムービーを作成および共有できます(iPhone 6s、iPhone 6s Plus、およびiPad Pro)
  • より本物に近いスムーズな動きを実現する毎秒60フレームの1080p HDビデオでムービーを作成および共有できます
  • iPhone 6sおよびiPhone 6s Plusの感圧タッチを使用すれば、新しいムービーの作成をホーム画面からすぐに開始できます
  • iPad Proでは、4Kビデオの複数のストリームを編集し、Smart Keyboardでショートカットを使用できます。デスクトップクラスのパフォーマンスを実現します
  • フルハイトのメディアブラウザとピクセル単位の1080 HDビューアにより、iPad Proのインターフェイスが向上しています
  • キーボードを接続すれば、ショートカットを使ってすばやくムービーを編集できます
  • ムービーの編集中にメディアブラウザを隠すオプション
  • 写真のKen Burnsアニメーションを無効にするオプション
  • プロジェクトの詳細表示が新しくなり、ムービーや予告編を開く前に再生できるようになります
  • ビデオ表示が新しくなり、iPad上でビデオや写真をブラウズするときに一度に表示できるライブラリの内容が増えます
  • iPad上のインスペクタコントロールが改良され、見やすいテキストラベルが表示されます
  • 「写真」用のiMovie拡張機能により、マルチタスキング時のSlide OverとSplit Viewがサポートされます
  • iMovie拡張機能のオーディオブラウザが新しくなり、音楽を簡単にブラウズおよび再生できるようになります
  • パフォーマンスと安定性が改善されます
  • フランス語(カナダ)、ヒンディー語、および繁体字中国語(香港)がサポートされます
iPhone 6s / Plusは感圧式の3D Touch搭載。マルチタッチに続く新ジェスチャ「Peek」「Pop」導入
iPhone 6s / 6s Plusのカメラは大幅進化。背面1200万画素と前面500万画素、AF高速化とノイズ低減
iPhone 6s 対 Xperia Z5 対 Galaxy S6 edge 各社フラッグシップ詳細比較

iPad Pro発表。560万ドットの12.9型、プロセッサ刷新で4K動画を3つ同時に再生
iPad Pro実機ギャラリー。12.9型はどれくらい大きい?アップルペンシルやSmart Keyboardもチェック
iPad Pro vs iPad Air 2スペック比較。画面は大型化、新プロセッサ搭載。重量は大幅増



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

84シェア
0
84
0
0

Sponsored Contents