Sponsored Contents

androidの最新記事

Image credit:
Save

撮影後にピントを変えられる16眼コンデジ「Light L16」発表。焦点距離別にカメラモジュールを組合わせ最大52MP画像を合成

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2015年10月13日, 午前06:45 in Android
371シェア
1
237
0
133

連載

注目記事

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)
16

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)

View
 
​スタートアップカメラメーカーの企業 Light が、16個のカメラモジュールを内蔵するコンパクトカメラ Light L16 を発表しました。正面から見ると不自然に配置されたレンズ群が蓮コラ風で少々気持ち悪いものの、各カメラモジュールで撮影した画像を合成し、最大で5200万画素もの高画質画像を生成できます。
 

Gallery: Light L16 | 12 Photos

12

 
 


L16 の大きさはだいたい Nexus 6と同じぐらい。ただし厚みはその2倍ほどはあります。OS には Android を搭載。撮影した写真を WiFi 経由でスマートフォンなどへ転送できます。

16個あるレンズは焦点距離によって35mm、70mm、150mに別れ、35mmと70mmのレンズを5つずつ、150mmを6つ搭載します。またそれぞれにズーム機能も備えます。最短合焦距離はワイド端で10cm、テレ端で1m。
 
 
Light L16 でシャッターを切ると、このうち10個のレンズが同時に写真を撮影、異なる焦点距離の画像を合成し、最大5200万画素解像度の高画質画像を生成します。

またメモリー上には複数の焦点距離で撮影した元のデータが保存されるため、タッチ操作で後から適当な場所にピントを合わせなおすといった処理も可能です。

なお Light L16 は4K動画撮影にも対応。現在のプロトタイプでは 128GB のストレージを搭載しますが、出荷までに仕様は変更する可能性があります。

Light L16 には16ものレンズを搭載することもあり、その価格は安くはありません。一般発売での価格は1699ドル(およそ20万円)を予定しており、現在 Light のサイトでは予約を受付中。予約価格は1299ドルですが、前金として1299ドルのうち199ドルを先に支払う必要があります。Light L16 の出荷は2016年の夏頃の予定です。

現在のところ、Light は米国外への発送には対応していません、ただ、メールアドレスを登録しておけば、国外発送が可能になった時に通知してくれるとのこと。
 

カメラモジュールの配置
 
ちなみに Light L16 と同様、撮影後に PC でフォーカス位置を再設定可能なカメラに Lytro Illum があります。Light L16 がレンズとセンサーを多数搭載してそれぞれの画像を合成するのに対し、Lytro 方式の場合はマイクロレンズを多数並べ、ひとつの CMOS センサーを区切って多数の画像を記録します。このため、Lytro Illum では出力する画像の画素数が約400万画素程度となっています。





CAREERS TechCrunch Japan
連載:KAKEHASHI取締役CTO海老原氏に聞くスタートアップへの転職


 


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Via: Record
Source: Light
関連キーワード: android, light, light l16
371シェア
1
237
0
133

Sponsored Contents