Sponsored Contents

Appleの最新記事

Image credit:
Save

速報:新型iMac 6モデル発表。21.5型4Kモデル登場、27型5K液晶は広色域化、マウスとキーボードも新型に

Shingi Hashimoto
2015年10月13日, 午後10:45 in Apple
1138シェア
0
817
0
321

連載

注目記事



アップルが新型iMacを発表しました。注目は、ここ最近でウワサの白熱していた21.5インチRetina 4Kモデルの登場と、27インチRetina 5Kモデルに色域を広げた新型液晶パネルが搭載された点。
合わせて付属キーボードとマウスは、新型の『Magic Keyboard』と『Magic Mouse 2』にアップデートされました。

価格は、21.5インチ標準(非4K)が12万6800円(税別、以下同)からで、21.5インチ4K Retinaモデルが17万2800円。27インチ 5K Retinaモデルが20万8880円から。原稿執筆時点での販売状況は全モデル「1営業日」ですが、注文ボタンはまだありません。

【10月14日午前2時追記】アップル公式サイトの購入ページが完成し、注文が可能となりました。

Gallery: アップル iMac (21.5インチ Retina 4KとLate 2015モデル) | 9 Photos

9





21.5インチモデルは、Retina 4Kモデルを加えて3モデル構成となりました。解像度は4096×2304ドット。一般的な4Kは(名前に若干反して)3840×2160ドットなので、若干ですが表示範囲が広い仕様です。

色域、つまり色を表現できる範囲は、後述する27インチ5Kモデルと同様、放送用色域仕様『DCI-P3』をカバーできる仕様に。従来モデルでカバーしていたsRGBより25%色域が広く、プロ向け動画編集やグラフィックスなどで威力を発揮する構成です。

なお、下位2モデルの液晶解像度はフルHD(1920×1080ドット)。色域は従来と同じくsRGBカバー仕様です。



CPUはグラフィックス性能を重視するiMacらしく、Skylake=第六世代 Core iでなく、Broadwellこと第五世代Core iです。これはGPUモデル名が6000番台であるため(第六世代は500番台です)。

この理由はおそらく、第六世代Core iのグラフィックス強化版がまだリリースされていないため。とくに中位モデルとRetina 4Kの内蔵GPUはインテルでは最速となるIris Proですが、第六世代Core iでこれを搭載したCPUの具体的な出荷時期はまだ不明という状態です。

なおCPUのコア数は従来と同じく、最廉価モデルのみは2コア版、ほかは4コア版となる仕様。メインメモリとストレージは、3モデル共通で8GB(オンボード、最大16GB)と1TB HDDとなります。



隠れたポイントはWi-Fiの802.11acが最高1.3Gbps (3ストリーム)に対応した点。PCの11ac対応モデルでも多くは867Mbpsまでで、この速度に対応するのはまだ少ない状態です。

OSはもちろん、リリースしたばかりの『OS X El Capitan』。新システムフォントのSan Franciscoや、日本語ライブ変換(変換操作なしでの自動逐次変換)機能などを搭載します。

本体サイズは528×450×175mm(幅×高さ×スタンド奥行)、重量は5.68kg。




27インチ版は3モデル構成。すべてがRetina 5Kディスプレイ搭載モデルとなりました。

トピックとなる液晶パネルの色域拡大は、バックライトとして使用するLEDを、従来モデルの白色LEDから、赤色・緑色蛍光体を使用したLEDへと切り替えることにより実現したもの。放送用色域仕様『DCI-P3』をカバーできることから、名称は『Retina 5K P3ディスプレイ』となりました。

また、CPUには(こちらは)第六世代Core iを搭載。GPUとしてはAMDのモバイル用Radeonを搭載します(下位からR9 M380、R9 M390、R9 M395)。ただし興味深いことに、メインメモリは第六世代Core iで標準となっているDDR4ではなく、 DDR3-1866。こちらは21.5インチとは異なり、SO-DIMMスロット×4基の増設可能仕様。最大32GBまでをサポートします。標準モデルは8GB(4GB×2)です。

ストレージも最廉価モデルは1TB HDDですが、上位2モデルは大容量のHDDとSSDを組み合わせたFusion Drive仕様。中位は1TB、最上位は2TB仕様。オプションとして、3TB Fusion Driveや最大1TBのSSD(フラッシュストレージ)構成も可能です。

なおリリースでは、SSDは従来比最大2.5倍高速になった点も紹介されています。ここまでの速度となると、ほぼ間違いなくPCI Express接続+NVNe対応の仕様と思われます。

本体サイズは650×516×203mm(幅×高さ×スタンド奥行)、重量は9.54kg。最高1.3Gbpsに対応する802.11ac対応Wi-Fiや、OS X El Capitanの搭載は、もちろん共通です。



付属のキーボードとマウスは、Bluetooth LE接続の新型『Magic Keyboard』と『Magic Mouse 2』にアップデート。双方とも充電式バッテリーとなりましたが、充電コネクタはLightningのため、今回のiMacは全機種USB-Lightningケーブルも付属します。

Magic Keyboardは、キートップ以外の面積を極限まで削ったかのようなコンパクトさが魅力。Magic Mouse 2は軽量化と耐久性の向上を推し進め、接地部分の設計を改良したことで滑りがスムーズになた点をアピールします。
両モデル、および同時発売となったMagic Trackpad 2に関しての詳細は、下記記事を参照ください。

アップルが新型Bluetoothキーボードとマウス、トラックパッドを発表。バッテリーは充電池化、充電端子はなんとLightning

このように今回のiMacアップデートは、注目の21.5インチ4K液晶の他にも、色域の拡大や基本性能の全方位的な向上など、昨今採用例が多い動画編集をはじめ、クリエイター向けとしての性格をさらに強めたかのような強化。

もちろん、基本性能の向上は一般ユーザーとしてもメリットが大きいところだけに、円安傾向による価格上昇(昨今のApple製品はここが痛いのですが)を除けば、基本的には歓迎できるアップデートと呼べそうです。

とくに21.5インチ4Kモデルは、価格的にも「MacBook Pro Retina 15インチのデスクトップ版」的なモデルとして人気が出そうな気配。注目のモデルとなることはほぼ間違いなさそうです。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

1138シェア
0
817
0
321

Sponsored Contents