Sponsored Contents

cardboardの最新記事

Image credit:
Save

段ボール製VRゴーグル『Google Cardboard』 Android / iOSアプリが日本語化、ストリートビューにも対応

Takahiro Koguchi, @TKoguchi787
2015年10月14日, 午前09:30 in Cardboard
148シェア
0
148,"likes":29
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View


Oculus Rift、Gear VRなどに比べて安価にVRを楽しめるVRゴーグル『Google Cardboard』のAndroid / iOSアプリが日本語に対応しました。また、Googleストリートビューにも対応し、世界中のさまざまな場所を仮想現実空間に没入して探索できるようになりました。





Google Cardboardは、スマートフォンのディスプレイを使い、左右分割した画面をレンズを通して覗くことで仮想現実の没入感を得られるお手軽なVRヘッドセット。去年6月のGoogle I/Oで発表。同年9月に公開された英語版アプリは1500万インストールを達成しています。

必要な素材は、できるだけ薄くて強い段ボール紙、焦点距離40mmのレンズ、磁石ふたつ、ベルクロテープ、輪ゴムなど。これらを使って自分で組み立てられるほか、すでに組み立てられた製品もストアで安価に販売されています。

Google、段ボール製の手作りVRゴーグル『Cardboard』を発表。Androidスマートフォンを装着

今回、Android / iOSアプリが日本語を含む39言語に対応。また、開発者ドキュメントも日本語に翻訳されたものが公開されました(外部リンク)

アプリに含まれるVRデモは、Google Earthの上空を飛び回る「Earth」、世界の観光地をガイド付きで見回れる「ツアーガイド」、巨大スクリーンで動画を視聴できる「マイ動画」、自分で撮影した360°パノラマ写真を見ることができる「360°パノラマ写真」など。

さらに、ストリートビューアプリもCardboardに対応。米国のヨセミテ国立公園など、世界中の多くの場所を3Dの仮想空間に没入して探索できます。






VR市場を俯瞰してみると、VR市場はまだまだ黎明期です。しかし、9月の東京ゲームショウ 2015では、ソニーのPlayStation VR、ソーシャルゲーム大手がVRコンテンツを披露するなど、本格普及に向けた兆しが現れています。Oculus RiftやGear VRなどの高価なデバイスに比べて手軽かつ安価にVRを楽しめるCardboardが今後VR市場で果たす役割に期待したいものです。

TGS 2015:GREEは「ソーシャルVR」を訴求。数年先はモバイルやカラオケでも

CardboardアプリはGoogle PlayおよびApp Storeにて公開されています。


広告掲載についてのお問い合わせは ad-sales@verizonmedia.com までお知らせください。各種データなどは こちら のメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: cardboard, google, googlecardboard, vr
148シェア
0
148,"likes":29
0

Sponsored Contents