Sponsored Contents

Microsoftの最新記事

Image credit:
Save

速報:マイクロソフトがSurface Pro 4の日本展開を発表。発売は11月12日、12万4800円から(更新)

Shingi Hashimoto
2015年10月22日, 午後02:22 in Microsoft
193シェア
0
193
0
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
 ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

View


マイクロソフトが10月22日、渋谷でSurfaceシリーズ新製品発表会を開催。登壇した日本マイクロソフトの平野拓也社長より、Surface Pro 4の日本発売が発表されました。

発売日は11月12日(木)となり予約開始は10月23日から。一般向けモデルの価格はCore m3/メモリ4GB/128GB SSDモデルの12万4800円から。中心的モデルとなるCore i5/4GB/128GBモデルは13万9800円です。
なお、Surface Pro 3は、Pro 4 発売後も継続販売されます。

Gallery: マイクロソフト Surface Pro 4 実機写真 | 45 Photos

45

Gallery: Surface Pro 4とPro 3の比較 | 17 Photos

17



Surface Pro 4は、マイクロソフトのWindows搭載タブレットの中でも中核に位置するモデル。前世代となるSurface Pro 3と比べて各方面で順当な進化を遂げています。





各モデルの価格は上表のとおり。最上位モデルとなるCore i7/16GB/512GBモデルは、Pro 3まではなかった豪華構成ということもあり、約29万円とかなりの価格です。なお、Core i7モデルの発売時期は12月予定とだけ公開されました。「詳細は別途発表」という状態です。

一般向けモデルと法人向けモデルの違いは、Officeの有無。一般向けモデルにはMicrosoft Office Home & Business Premiumがプリインストールされます。



合わせて、合体式キーボード『Surface Pro 4 タイプカバー』などのオプション価格も発表されています。



また、気になる搭載GPUに関しても、発表会で配布された資料でさりげなく公開されました。最廉価のCore m3モデルがHDグラフィックス 515、Core i5モデルがHDグラフィックス 520、Core i7モデルがIrisグラフィックス 540となります。



Pro 4の特徴は、本体の薄型、軽量化にはじまり、液晶ディスプレイの拡大および高解像度化、CPU(SoC)を第六世代Core iとCore m3としたことでの高速化、最大メモリとストレージ容量がそれぞれ16GBと1TB (日本では現状512GB) までに向上した点など。


液晶ディスプレイはPro 3のジャスト12インチから12.3インチに拡大。解像度は2736×1824ドット(Pro 3は2160×1440ドット)。解像度に関しては一回り以上大きくなった印象です。

本体サイズは、292.1×201.4×8.4mm(幅×高さ×厚さ)。幅と高さはPro 3とほぼ変わりませんが、厚みははPro 3の9.1mmから(0.7mmのみですが)薄型化。重量も766g(Core m3モデル)に786g(Core i5/i7モデル)と、Pro 3の800gよりわずかながら軽量になっています。

さらに入力機器に関しても、ペン入力とタッチパネルの精度向上とレイテンシ(遅延)の減少、ペンの圧力検知精度を改良。保護ガラスをコーニング製ゴリラガラス4としたことによる耐衝撃性の向上も同時に図ります。詳細は米国での発表記事を参照ください。


発表会では、米国マイクロソフトのSurface&Windows Hardwareセールス&マーケティング担当ジェネラルマネージャーであるブライアン・ホール氏が特徴を解説。Surface Pro 3の路線をさらに進め、完成度を高めたモデルとしてPro 4を紹介しました。





ホール氏は、Pro 3からさらに精度とレイテンシ(遅延)低減、そして書き味を高めたとアピールするペン入力や、キー形状やタッチパッド面積が大きく改良したタイプカバーも紹介。本体の性能向上と合わせ、Proシリーズ共通のテーマである生産性をさらに高めたことを謳います。



想定ライバル機種の一つは、今回もMacBook Air。米国発表で話題となった、「速度比較では最高50%速い」とのアピールもしっかりとなされました。



このようにPro 4は、Pro 3と比べても順当かつ大幅に弱点を強化した、正統派の後継モデル的な仕様。本体価格の上昇などは気になるところですが、日本で定番モデルとなったPro 3に続き、順当に人気を伸ばす製品となりそうです。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: Microsoft
関連キーワード: Microsoft, surface, surfacepro4, windows10
193シェア
0
193
0
0

Sponsored Contents