Sponsored Contents

bluetoothの最新記事

Image credit:
Save

レトロタイプライター風Bluetoothキーボード Qwerkywriter が予約受付中。改行レバー装備

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2015年10月23日, 午後05:00 in Bluetooth
1318シェア
0
1318
0
0

連載

注目記事

 
英国のスタートアップQwerkytoys が、タイプライター風 Bluetooth キーボード、Qwerkywriter の予約を受け付けています。予約特別価格は329ドル。一般販売価格は399ドルです。


Gallery: Qwerkywriter | 21 Photos

21

 
 

この手のレトロなキーボードはこれが最初というわけではありませんが、目の前にあれば思わず触ってみたくなるものです。

実際、Qwerkywriter の凝りに凝った外観はまるで1930年代ごろのタイプライターそのものといった出で立ち。円形のキートップが凹んだデザインはオリベッティの Studio 42 を彷彿とさせます。もちろん本物のタイプライターの機構とはまったく違うので比べるべくもないものの、メカニカルキーの採用でカチカチとした音も出るため、感覚的にもタイプライターの"風情"は味わえるかもしれません。

注目はキーボード本体左上のレバー。これはキャリッジ・リターン・レバー(改行レバー)と呼ばれるもの。タイプライターではタイプ中の紙が一文字ずつ横に移動していき、行の終わりまで来たときにこのレバーで次の行頭へと紙を移動します。



実は Qwerkywriter にも同じ機能が割り当てられており、キャリッジ・リターン・レバーを使って文字どおりキャリッジ・リターン(CR)が入力できます。わかりやすく言えば Enter キーとして機能するということ。とはいえ「そんなところに Enter があっても困る」という人が大半だと思われるため、通常の Enter キーももちろん装備しています。キャリッジ・リターン・レバーは、他の機能を割り当てるファンクションキーとしても機能します。



キー配列は米国の US 配列と英国仕様の UK 配列を用意。キーボード本体はアルミ合金製で、重さは1.35kg。スタンドには最大10インチ、厚さ12mm までのタブレットが立てられます。
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
Bluetooth通信のため内蔵するバッテリーはフル充電で約3か月の使用が可能で、使用を想定する機器は iPad 、Androidタブレット、Windows タブレット。Surface 3、iPad Pro もスタンドに立てられます。もちろん iPhone などのスマートフォンや iMac といった Bluetotoh 対応機器でも使用可能です。

ウェブサイトで受付中の予約価格は329ドル。一般販売時には399ドルになる予定です。Qwerkytoys では国を問わず発送可能としています。




広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

1318シェア
0
1318
0
0

Sponsored Contents