Sponsored Contents

iphoneの最新記事

Image credit:
Save

iPhone 6sのパスワード入力が面倒? 入力しやすくて見破られにくい、便利なパスワードの作り方:iPhone Tips

海老原昭(Akira Ebihara)
2015年10月28日, 午後01:00 in Iphone
77シェア
0
77
0

連載

注目記事

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View


スマートフォンにはプライベートなデータがたくさん詰まっているため、iPhoneのロック解除時にはパスコードを入力するのが基本です。iOS 9で4桁から6桁へと文字数が増えましたが、強度を高めるために、アルファベットや記号を併用し、任意の文字数のパスコードにすることも可能です。これを使い、誕生日や電話番号などから類推が不可能で、まずバレる心配のない、文字数の少ないパスワードを設定できます。

Gallery: 簡単なパスワードを設定 | 6 Photos

6

パスコードの文字数を変更し、類推しにくいパスワードを設定するには、まずは以下のように行います。

「設定」 「Touch IDとパスコード」 「パスコードを変更」をタップします。

「新しいパスコードを入力」画面で「パスコードオプション」をタップします。

ダイアログが表示されるので「カスタムの英数字コード」をタップします。

ソフトウェアキーボード上で「a/i/u/e/o/y/ls/z/c/n」のいずれかを長押しすると、スペイン語やフランス語、ドイツ語などで使われる特殊文字が表示されます。指を離さずそのままスライドして目的の文字を選びます。

もう一度入力して登録完了です。

この技のメリットは、カスタムパスコードにすることで文字数や文字種の選択肢がほぼ無限に増え、解読側にとって著しく不利になることです。一方、入力する側は通常表示されない1文字だけ覚えておけばいいので、もし入力する場合でも簡単に入力できます。

ただし、この技を使っていることがバレてしまうと、逆に使える文字数が少ないため、容易に絞り込まれてしまうという欠点もあります。くれぐれもパスコードを入力している手元は見られないように気をつけましょう。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: iphone, iphone tips, tips
77シェア
0
77
0

Sponsored Contents