Sponsored Contents

4kの最新記事

Image credit:
Save

マスプロ、2台で全天球撮影にも対応 Kodak PIXPRO SP360 4K 発表。"4K画質"のアクションカメラ

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2015年11月11日, 午後06:30 in 4K
95シェア
0
95,"likes":25
0

連載

注目記事

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

小彩 楓, 11月17日
View
世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
マスプロ電工が、360度撮影対応のアクションカメラ Kodak PIXPRO SP360 4K を11月下旬より国内発売します。昨年発売した SP360 の上位モデルで、新たに"4K画質"での撮影が可能となりました。

さらに SP360 4K を2台とオプションのダブルベースマウントを使えば、水平垂直360度の全天球動画の撮影にも対応します。
 

Gallery: マスプロ Kodak PIXPRO SP360 4K | 6 Photos

6

2014年発売の SP360 は水平方向360度、垂直方向214度の全方位撮影が売りでしたが、SP360 4K では垂直方向の画角が235度に拡大。さらに解像度は 2880 x 2880px での撮影が可能となりました。

リリース文では動画の画素数が4K解像度と同等の約800万画素であることから、SP360 4K で撮影した動画を"4K画質"と説明しています。(一般的な 4K の定義は長辺の解像度が約4000pxであること)

"4K 画質"での撮影時間は最大55分間。PC用のソフトを使い、11種類の表示モードで映像を視聴することが可能です。また PC ソフトでは撮影した動画を YouTube 用の360度動画に変換できます。
 

 
そのほかタイムラプス撮影や 1280x720px/120fps の高速撮影などにも対応。モーション検知機能を使った自動録画も可能です。

802.11b /g /n WiFi に対応しており、撮影時には手元のスマートフォンで映像を確認することができます。WiFi は NFC でワンタッチ設定が可能。また HDMI で接続したテレビやモニターで撮影中の映像を見たり、USB で PC と接続してライブ映像の表示が可能。USB Video Class に対応しているため、Skype などのビデオチャット用ウェブカメラとして利用することもできます。

有効画素数約1240万画素の 1/2.3型 裏面照射型 CMOSセンサーを搭載。レンズの焦点距離は0.85mm(35mm換算8.2mm)。F2.8の固定焦点レンズを採用しています。また電子式の手ぶれ補正機能を搭載します。

動画形式は MP4 (H.264/AAC)。記録メディアは最大128GBまでの microSDカード。内蔵メモリーはありません。

本体大きさは約48 x 50 x 52.5mm。重さは約201g(カメラ本体のみ)
オプションとして、SP360 4K 2台を取り付けられるダブルベースマウントを用意。両方のカメラで同時に撮影すれば、映像内に黒い部分が発生しない、ほぼ完全な全天球動画に変換することができます。その他のオプションとしては、2台まで同時に操作できるリモコンや防水ハウジング、吸着マウント、バーマウントなどをラインナップしています。

なお、ダブルベースマウントはSP360用のものも販売するとのこと。

Kodak PIXPRO SP360 4K の発売時期は11月下旬。オープン価格。直販サイトでは5万9500円の価格設定となっていいます。直販、ウェブ販売のほか大手家電量販店、大手スポーツ用品量販店でも取り扱うとのこと。オプション類の発売時期は12月下旬を予定。ダブルベースマウントは2016年1月下旬の発売予定。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

95シェア
0
95,"likes":25
0

Sponsored Contents