Sponsored Contents

microsdの最新記事

Image credit:
Save

偽物っぽいmicroSDを手に入れたので、パッケージから容量・速度までチェックしてみました(ウェブ情報実験室)

宮里圭介(Keisuke Miyasato)
2015年11月27日, 午前05:30 in Microsd
1988シェア
1
1241
0
746

連載

注目記事

人気記事

「IQOS使用による周囲の人への悪影響はなし」とフィリップ・モリスが発表

「IQOS使用による周囲の人への悪影響はなし」とフィリップ・モリスが発表

View
ソニーEマウント対応の35mmフィルムカメラを個人が開発。少量販売後、オープンソース化も計画中
12

ソニーEマウント対応の35mmフィルムカメラを個人が開発。少量販売後、オープンソース化も計画中

View

SSDやUSBメモリー、SDカードなどのフラッシュメモリーを使ったメディアは値下がりと大容量化が続いています。とくに通販は価格比較がしやすく、最安値近くで購入できることから利用している人も多いでしょう。

しかし、通販は現物を見ずに買うこともあって、偽物をつかまされる危険があるのも事実です。今回うまいこと(?)microSDの偽物が手に入ったので、パッケージから性能まで、偽物っぷりをチェックしてみました。

この記事は、身近にある「疑問」や「不思議」を検証する『ウェブ情報実験室』です。
0

    実験の目的

    偽物のmicroSDを手に入れ、真贋の決め手となるポイントを探す。

    動機

    128GBはまだ高いよなー、などと思いつつアマゾンで価格をチェックしていると、定番となるサンディスクの製品なのに妙に星の数が少ないものがあることに気が付きました。性能が低いのかと気になってレビューを見てみると、びっくりするほど「偽物」の文字が......。



    ここで偽物に興味が出てきてしまい(目的を見失うタイプの人)、偽物と判断するにはどうすればいいのか調べてみたところ、ドンピシャな検証をされている方がいました。

    SD博士のなんでもSD Formatter相談室(株式会社トレンディ)
    http://sd.trendy.co.jp/
    (こちらのページで検証されています)

    さらに海外となりますが、パッケージの写真入りで多くのメディアをチェックしている方を発見。

    Happy Bison
    http://www.happybison.com/
    (こちらのページで検証されています)

    これらをひと通り読み終わった頃には、すっかり自分で偽物をチェックしたくなっていました(手段を目的にするタイプの人)。

    実験対象

    偽物が欲しいとはいえ、高価な128GBの製品を買って偽物だとフツーに凹みます。かといって、運よく本物が来てしまえば無駄な買い物となり、やっぱり凹みます。どちらにせよ不幸な結果になるため踏ん切りがつかなかったのですが、運よく人づてに大変怪しい製品を入手することができました。自称128GBのサンディスク製品で、入手金額は3000円程度。ちなみに本物であれば、7000円以上します。

    「SDSDQUA-128G-U46A」として売っていたもの

    後から検証しますが、いきなりツッコミどころの多いパッケージです。

    明らかな偽物だけでは面白くないので、きっと本物だけど怪しく感じる程度に安かった32GB品を追加でチェックしてみることにしました。

    「SDSQUNB-032G-GN3MN」、おそらくホンモノ

    容量は32GB。メディアの色が白とグレーに変わった新しいパッケージの海外輸入品。アマゾンでは2690円(2015/11/20現在)で売られてます。入手価格は約1300円。

    実験方法

    偽物を見分けるために、外観チェックと性能チェックの2つの方法を試します。

    <外観チェック>
    パッケージの表と裏は、とくに容量や速度表示のフォント違い、内容の矛盾、誤字、ロゴマークの歪み、不鮮明な印刷、といったあたりを重点的に見ていきます。
    また、メディアに印刷されている容量や文字も忘れてはいけないポイント。例えばパッケージは「Made in China」なのに、メディアには「Made in Taiwan」と書かれていれば、怪しさは増すでしょう。

    <性能チェック>
    まずはPCで認識する容量が正しいかを確認。次に「H2testw」というソフトを使い、本当に記載されている容量があるのかを調べます。全容量のリード/ライトをチェックしてくれるソフトなので、もし偽装されているとすれば何らかのエラーが出るはずです。また速度も表示されますので、同時に速度チェックも行なえます。
    なお、microSDカードとPCとの接続には、USB3.0でUHS-Iに対応したトランセンドの「TS-RDF5K」を使用しました。

    実験結果

    まずはパッケージの外観から見ていきましょう。なお、追加した32GBの製品はこれといってツッコミどころがなかったので、自称128GBの製品だけチェックしています。

    先にチェックポイントとなる場所に1~7番までの印をつけておきました。それぞれのポイントを細かく見ていきましょう。


    ポイント1:シリーズ名のロゴ色が違う

    本来であれば「SanDisk Ultra」の文字は赤くなっているはずですが、どういうわけかこのパッケージでは黒くなっています。

    ポイント2:「SDXC」への書き換え疑惑

    「microSDXC」という表記は正しいのですが、なぜか「X」の左右に隙間が......。どうやら元画像から「H」を消して、「X」に書き換えたようです。正規品なら「X」の左右に変な隙間はありません。ちなみに、裏面でも同じ書き換えが行なわれています。

    ポイント3:容量と速度のフォントが怪しい

    左が今回入手したもので、右が本物と思われるもののパッケージアップ。左の「128GB」と「48MB/s」の表示ですが、文字間の隙間が広く、そして縦に長いフォントとなっています。また、「320X」のフォントも異なります。

    ポイント4:裏面の速度表記が違う

    表では48MB/sと書いてあるのに、裏は30MB/sとなっています。ツメが甘いですね。

    ポイント5:SDHCのロゴ

    128GBなのでmicroSDXCのはずですが、パッケージ裏のロゴはmicroSDHC。完全にアウトですね。

    ポイント6:バーコードが違う

    バーコードを読み取ってみると「619659078638」となるのですが、これで検索すると何故か16GBの製品が引っかかります。不思議なことがあるものです。

    これ以外にも、文字がコピーしまくったように汚い、バックのスマホの絵の主線が歪んでる、パッケージの切り抜き穴がいびつ、128GB品は2014年からだったと記憶しているのにコピーライト表記は2013年になっている、といった気になる点がありました。

    続いてメディアの外観を見ていきましょう。

    ポイント7:microSDHCのはずがない

    64GB以上ですから、microSDXCとなります。パッケージはちゃんと書き換えてるのに、メディアは間違ってます。

    ポイント7:そもそも色が変だ
    そもそも128GBモデルは赤とグレーではなく、黒に赤文字が一般的。この時点で非常に怪しくなってきます。とはいえ最近、赤とグレーのものでも128GBモデルが出たようなので、これだけで判断するのは早計といえるでしょう。
    また、​グレー部分が微妙に赤っぽいのが気になりますが、これ単体では何ともいえません。そこで、手元にあった同じ赤とグレーの「Mobile Ultra」と並べてみると......

    あ。色が全然違う。これアウトだわ。

    また、ルーペで拡大してみると印刷に明らかな粒状感があり、さらに偽物感がアップしています。


    しかし、せめて赤は単色にできなかったんだろうか......。

    ポイント7:製造国が微妙

    パッケージには「Made in China」とありますが、メディアには「Made in Taiwan」と書いてありました。一応、「在中国包装」とあるので、パッケージの製造という意味で「Made in China」と書いたと考えられなくもないです。

    このあたりでもうお腹いっぱいなくらい偽物の証拠が揃ってる気もしますが、もしかしたら中身は本物かもしれませんよね! まずありえませんけど、一応、性能も見ていきましょう。一応。

    PCに挿した時の容量です。


    容量124GB、FAT32として認識しています。FAT32なのが怪しい気もしますが、とりあえず、見た目の容量としては大丈夫なようです。

    次に「H2testw」を使ってテストしてみましょう。


    ......はい、お疲れ様でした。

    容量が7.1GBしかないようで、7.2GB以降のテストはDATA LOSTとなりました。見せかけの容量124GBからすると、わずか5.7%に過ぎません。消費税にも負けてるとか、笑っちゃいますね。
    速度を確認してみると、ライトは8.59MB/sでClass10やUHSスピードクラス1の最低保証速度10MB/sに満たない結果となりました。また、リードは15.1MB/sと公称の最大48MB/sに遠く及ばず。容量だけでなく、速度まで大嘘だということになります。

    なお、偽物はフォーマットしても容量詐称が直るわけもなく、使い物になりません。低容量品として再利用するのも難しいので、間違えて使ってしまう前に捨てるしかないでしょう。

    性能チェックは32GBの「SDSQUNB-032G-GN3MN」でもやってみました。


    全領域問題なし。さらにライト14.6MB/sでClass10の条件をクリア。リードは41.6MB/sで最大の48MB/sには届いていませんが、あくまでこれは最大速度ですからね。全領域平均で40MB/sを超えているのは、なかなか高速ではないでしょうか。しかしこうしてみると、偽物がどんだけ遅かったのかよくわかります。

    結論

    今回チェックしたことでわかったのは、偽物は外観からして十分怪しいということです。とくにわかりやすい真贋ポイントをまとめると、

    1.「microSDXC」の文字間隔に違和感がある
    2. 表と裏で書かれているスピードが違う
    3.「microSDXC」や「microSDHC」のロゴが間違ってる
    4. メディアの色がおかしい

    といったところでしょうか。とくにパッケージの裏は書き換えが手抜きだったり、ミスが多かったりするので要チェックです。

    とはいえ、通販なら写真だけは本物を使うというパターンも考えられるので、掲載されている写真で判断できると侮らない方がいいでしょう。また、相場価格だから本物だろうと考えるのも危険。偽物を売ってるほうからすれば、ただ高い金額を払ってくれるカモが来たと思うだけです。
    なお、購入した製品がどうも怪しいと思ったら、「H2testw」でチェックしてみましょう。偽物であれば返品などの手続きができますし、本物の性能が出ているのであれば、安心して使えますからね。

    ちなみに、偽物が欲しいという場合は......ケツまくって逃げるのが簡単な個人取引、路上販売あたりが狙い目です。とくに64GBや128GBなどの大容量で、やたらと安いものがいいでしょう。相場の半額以下であれば、まず偽物です。まー、偽物が欲しいなんていう酔狂な人は、ほとんどいないと思いますが......。

    関連キーワード: microsd, sandisk
    1988シェア
    1
    1241
    0
    746

    Sponsored Contents