Sponsored Contents

iPhoneの最新記事

Image credit:
Save

iPhone 6s用純正バッテリー搭載ケースが発売、製品ポイントは「Appleによるデザイン」

Shingi Hashimoto
2015年12月8日, 午後08:20 in Iphone
1346シェア
0
1222
0
124

連載

注目記事

Netflix「ライバルはフォートナイト。すでに負けている」と発言。TV画面の奪い合い激化

Netflix「ライバルはフォートナイト。すでに負けている」と発言。TV画面の奪い合い激化

View


アップルが、iPhone 6s用のバッテリー搭載ケースを予告なしに発売しました。製品名は『iPhone 6s Smart Battery Case』。カラーバリエーションはチャコールグレイ(上写真)とホワイトの2色で、直販価格は1万1800円(税別)。原稿執筆時の出荷予定日は「1-3営業日」です。



外観を見る限りツッコミポイントなのかどうか悩みますが、公式でアピールする製品のポイントは「Appleによるデザイン」。また製品名にはiPhone 6sと入っていますが、iPhone 6との互換性もあります。なお現状ではPlus用のバリエーションは確認できていません。

Gallery: Apple純正バッテリー搭載ケース iPhone 6s Smart Battery Case | 13 Photos

13



バッテリー容量は非公開ですが、装着後のバッテリー駆動時間は「通話は最大25時間、LTEでのインターネット利用は最大18時間、ビデオ再生は最大20時間」。6s本体のみではそれぞれ最大14時間、10時間、11時間のため、容量は本体のみと比べて約1.8倍となる計算です。



充電はLightning端子。iPhone Lightning Dockとの併用が可能と明記されている点、また外観を見る限り独立したLightning端子はない点から、本ケースを装着した状態で、本体と合わせて充電が可能なタイプと思われます。

また、実際の画面は不明ですが、「装着時はバッテリーの状態を示すインテリジェントな表示がiPhoneのロック画面上と通知センターに現れるので、バッテリー残量が正確にわかります」ともアピールしています。




ケースとしては、外装はシリコン素材、ヒンジはエラストマーというソフトタイプで、マイクロファイバーの裏地付き。外装の手触りに関しては「絹のように柔らかに仕上げてあるため、あなたの手に心地よく収まります」と謳います。

背面がかなり出っ張ったデザインはアップルファンの間で賛否両論を呼びそうな気配がしますが、Apple純正のバッテリー駆動時間延長アクセサリは数少ないだけに、安心感という面でのアドバンテージは大きいでしょう。
iPhone 6/6sユーザーに向けた年末のプレゼント用途などに重宝される製品となりそうです。


1346シェア
0
1222
0
124

Sponsored Contents