Sponsored Contents

amazonの最新記事

Image credit:
Save

世界初のドローン宅配が千葉・幕張新都心で実現 ネット通販会社と連携で

Minoru Sato
2015年12月17日, 午後08:30 in Amazon
270シェア
12
161
0
97

連載

注目記事



千葉市の幕張新都心にて、ドローンを用いた宅配サービスが実現するかもしれません。千葉市は、ビジネス創出を目的とした政府による規制緩和地域「国家戦略特区」に指定されました。通常、人や住宅の密集地域では飛行を禁じられているドローンですが、特区内ではドローンの運用が可能となります。

Gallery: 千葉市ドローン宅配 | 4 Photos

4

千葉市の幕張新都心は、東京湾臨海部の物流拠点に近く、高層マンションが多く立ち並ぶエリアです。物流倉庫から荷物を積んだドローンが飛行を開始し、高層マンション各戸のベランダに直接配送する、というサービスの展開を同地域にて目指します。



また、地域内の薬局から各住居へ処方箋を届けるサービスも、ドローンを使って実施する予定です。幕張新都心に立地する「幕張メッセ」は、2020年に開催される東京オリンピックの会場となっており、千葉市は開催にあわせて幕張新都心を未来都市として世界にアピールするといいます。



千葉市の担当者に問い合わせたところ、サービスの事業化にあたっては、Amazonや楽天、スタートトゥデイといったネット通販の事業者と連携するとのこと。一部ではAmazonの参入が濃厚だと報じられていますが、現状、千葉市は提携する企業を確定しておらず、公募によって選定する確率が高いといいます。

提携企業の候補のうち、Amazonは独自のドローン宅配サービス「Amazon Prime Air」を開発中です。米国や英国、イスラエルにて実証実験しており、ドローン宅配のノウハウを着実に積み上げています。



もし幕張新都心でドローン宅配サービスが事業化された場合、世界初となる可能性があります。「荷物が指定時間通りに届くのか」「事故のリスクはないのか」などの不安もありますが、サービスが上手くいけば、トラックが主役の現在の物流を大きく変えることになりそうです。

270シェア
12
161
0
97

Sponsored Contents