Sponsored Contents

Arduinoの最新記事

Image credit:
Save

Netflix、寝落ち検出で再生停止するリモコン靴下 Netflix Socksを発表 (動画)

Ittousai, @Ittousai_ej
2015年12月18日, 午後05:00 in Arduino
203シェア
0
133
0
70

連載

注目記事

チートレベルの操作性!  最強ゲームスマホ「ROG Phone」✕「ハズキルーペ」でドン勝しまくる:ベストバイ2018

チートレベルの操作性!  最強ゲームスマホ「ROG Phone」✕「ハズキルーペ」でドン勝しまくる:ベストバイ2018

View


日本上陸を果たした動画配信大手 Netflix が、寝落ち検出機能を備えたリモコン靴下 Netflix Socks を発表しました。

ドラマのイッキ見などでうっかり眠ってしまっても、靴下が勝手に再生を停止してくれます。何が何だか分からないというかたは続きの動画をどうぞ。



Netflix Socks は、Netflixが「究極のNetflix体験」のためにユーザーからアイデアを募るNetflix Makeit で生まれたDIYプロジェクト。 ユーザーが眠ったか起きているかは、加速度計で体動を検出するアクチグラフを使っています。

寝落ちを検出すると、二つの赤外線LEDが光ってテレビに一時停止信号を送ります。コントローラは Arduino。センサと基板、LEDとバッテリーはフェルトの小さなシートに収まっており、使うときはLED部分を外に出すよう靴下の口に挟みます。

しずかに映像を見ているのか、本当に眠ってしまったかの区別が難しそうですが、加速度計の感度が高くわずかな動きも検出できるため検出精度は高いとのこと。さらに、本当に身じろぎもせず見ているとき誤検出で停止してしまう悲劇を避けるため可視光のLEDも搭載。寝入ったと判断して停止信号を送る前にLEDがチカチカと光るため、気づいたらわずかでも動けばキャンセルされます。

Netflix Socks は、リンク先の makeit.netflix.com で部品リストや作りかたチュートリアル、コードが公開されており、多少のスキルがあれば手作りできます。

動画視聴時の寝落ちは意外とダメージが大きいもの。どこまで見たか分からなくなる程度ならば被害は少ないものの、長期のシーズン作品などをイッキ見している場合は、起きた時にたまたま数シーズン先まで再生が進んでいて、重要人物の生死や犯人や決定的シーンを見てしまいセルフネタバレしてしまう危険性もあります。

靴下型になるかどうかはともかく、寝落ち検出は便利な機能だけに、各社のスマートウォッチやアクティビティトラッカー、あるいはKinectなどセンサで標準対応してほしいものです。


Source: Netflix
関連キーワード: Arduino, Netflix, Netflix makeit, Netflix socks
203シェア
0
133
0
70

Sponsored Contents