Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

勃起する人工ペニスからApple SIM国内発売まで!:Engadgetで今年読まれた記事ランキング5位~1位

小口貴宏 (TAKAHIRO KOGUCHI), @TKoguchi787
2015年12月30日, 午後02:30
142シェア
0
54
0
88

連載

注目記事

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)
16

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)

View


今年も残すところあと僅か。2015年にEngadgetで掲載した記事の中から最もよく読まれた上位20位をピックアップして紹介。この記事ではいよいよ5位から1位までの記事を振り返ります。


【読まれたランキング5位~1位】

第5位
iPhone 6sへのデータ移行はiTunesにバックアップして復元するのが断然ラク。復元手順全公開

iPhone 6s、iPhone 6s Plusがついに発売されました。すでに入手済みの方も多いことでしょう。iPhoneから買い換えた方は、まずはバックアップから復元ですね。2通りの方法をすべてお見せします。​


iPhoneのバックアップ&復元はiCloudではなくiTunes経由で行うと時間も手間も省けます。


第4位
「うわ...私のiPhone 6s バッテリーもたない?」 CPU違いの6sでバッテリーベンチをしてみました

「あなたのiPhone 6sはどっちのCPUなの?」が最近の挨拶のトレンドになっていますね。ことの発端は、RedditやMac Rumorsのフォーラムに投稿されたバッテリーベンチの結果で、搭載されたA9プロセッサーがTSMC製かサムスン製かで約2時間も差がついたためです。​

iPhone 6s / Plus発売後に世間を賑わせたA9プロセッサの性能差問題。チップの製造メーカーがTSMCかサムスンかでバッテリーの持ちに違いがあるというお話でした。Appleはその後公式なコメントを発表し、性能差は2〜3%の範囲に収まるとしています。


第3位
ボタンで勃起する人工ペニスの形成手術が成功。6歳で事故に遭った男性、43歳で取り戻す

子どものときに遭遇した交通事故で陰茎および片方の睾丸を失った43歳の男性が、世界初という「バイオニック陰茎」の形成手術を受けました。彼の新しい陰茎は、陰嚢の裏に取り付けたボタンを押すことで伸張/収縮でき、性行為も可能です。 ​


バイオニック陰茎を手に入れたモハメド・アバド氏、「コイツを試してみたい女性がすぐにでも現れるはずさ!」と超ポジティブだったのが印象的でした。


第2位
女性器に挿入するスマホ連携 骨盤底筋トレーナーkGoal出荷開始。空気で太さ調節、アプリで確認

サンフランシスコのメーカーMinna Life が、「スマート ケーゲル トレーナー」ことkGoal の出荷を開始しました。kGoal はヒトの骨盤の底、恥骨から尾骨の間に位置し、尿道や肛門、膣を締める働きをする「骨盤底筋」を鍛えるための女性用デバイス。​


クラウドファウンディングサイトKickstarterで、目標の9万ドルに対し26万7000ドルを集めたことで話題になりました。なおkGoalを試用した女性記者の一人は『地獄のような痛みを味わった』という感想を残していました。


第1位
Apple SIMがついに日本発売、税別600円。au網利用、1つのSIMで世界90以上の携帯会社を選択可

Apple SIMの国内販売がついに始まりました。Apple SIMは、1枚で複数の通信事業者を選べるSIMカード。例えば海外渡航時に、SIMを入れ替える手間を省いて現地の通信事業者とプリペイド契約できるため便利です。日本ではauのネットワークを利用します。Apple SIMを購入してauのデータプランを契約してみたはなしはこちらの記事をどうぞ。 ​


一番読まれたのがなんとApple SIMの記事。海外渡航の際、これ1枚で現地の割安な通信プランを利用できるため便利。税別600円という価格の手頃さもあり話題を呼びました。





CAREERS TechCrunch Japan
連載:KAKEHASHI取締役CTO海老原氏に聞くスタートアップへの転職


 


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

142シェア
0
54
0
88

Sponsored Contents