Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

VRヘッドセット Oculus Rift は8万3800円で発売、初期出資者には無料プレゼント。ゲーム2本とXbox Oneコントローラ付属

Ittousai, @Ittousai_ej
2016年1月7日, 午後03:15
100シェア
0
52
0
48

連載

注目記事

チートレベルの操作性!  最強ゲームスマホ「ROG Phone」✕「ハズキルーペ」でドン勝しまくる:ベストバイ2018

チートレベルの操作性!  最強ゲームスマホ「ROG Phone」✕「ハズキルーペ」でドン勝しまくる:ベストバイ2018

View


没入型仮想現実ヘッドセット Oculus Rift 製品版の予約受付がようやく始まりました。最後まで非公開だった価格は 599ドル、日本円では8万3800円(送料含まず)。

2012年のKickstarter クラウドファンディングで最初の開発者バージョンに出資していた場合、無料で製品版が贈られます。

Gallery: Oculus Rift consumer edition | 58 Photos

58


Oculus Rift は高解像度・広視野角・低遅延のヘッドマウントディスプレイとVRサラウンド対応のヘッドホン(取り外し可能)、PCに外付けする姿勢センサ(IRカメラ)をセットにした製品。コントローラとしては片手用のリモコンと、ゲーム用に Xbox One コントローラ(+USB無線アダプタ)が付属します。

Oculus ではVR空間に腕の動きを反映したり、ものを掴んだりできるVRコントローラ Oculus Touchも発表済みですが、こちらは Rift 本体から遅れて今年の後半に発売予定。Riftを予約すれば、Touchも優先的に予約できる権利が得られます。



Rift に同梱されるのは、アクションゲーム Lucky's Tale。また予約者には、デモでよく使われていたシューティングゲーム EVE:Valkyrie も付きます。

8万円超は、比較するものがなくてもそれなりの出費ですが、Oculusの創業者で開発者の Palmer Luckey氏によれば「ハードウェアで利益は出していない」とのこと。

また Oculus RiftはWindows PC用の周辺機器なので、ゲームやアプリを動かすにはそれなりのスペックのPCも必要です。Oculus Rift と、十分な性能を備えることが認証済みの Oculus Ready PC のセット商品は1500ドルから。すでにゲーミングPCを持っている場合、あるいはGPUだけアップグレードしたり、安い部品を揃えて自作すれば、Rift単品を買ったほうが安く上がります。


Source: Oculus
100シェア
0
52
0
48

Sponsored Contents