Sponsored Contents

jinsの最新記事

Image credit:
Save

枕の上で横になってもズレにくい「寝る前用安眠対策メガネ」がJINSから。耳にかけないショートテンプル採用

Minoru Sato
2016年1月22日, 午後06:00 in Jins
219シェア
0
219
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View


JINSは、安眠対策用のブルーライトカットメガネ「JINS SCREEN NIGHT USE」より、ショートテンプルタイプ『JINS SCREEN NIGHT USE Short Temple』4種を2月4日に発売します。特徴は、枕を敷いた状態で横になっても、顔側にもメガネ側にも負担の掛かりにくい形状とした点。

価格は4900円(税別、以下同)。2000円の追加で通常度付きレンズ、6000円の追加で度付きブルーライトカットレンズに変更可能です。全国のJINS店舗およびJINSオンラインショップにて取り扱います。

Gallery: JINS SCREEN NIGHT USE Short Temple | 2 Photos

2


『JINS SCREEN NIGHT USE Short Temple』は、以前は「JINS PC」として提供されていたブルーライトカットメガネ「JINS SCREEN」の安眠対策モデル「NIGHT USE」の新作。現行モデルよりテンプル部を短く設計し、こめかみの下で顔に固定するフレーム形状が特徴です。鼻パッドとテンプル先端にはラバー素材を採用し、掛けたまま横になっても耳の後ろが痛みにくく、メガネもずれにくい点を謳います。



また、テンプルを折りたたむための可動部である蝶番(ちょうつがい)はなくし、顔の頬骨ラインに沿ってテンプルをカーブさせることで、横になった際にメガネの圧迫感を軽減。現行モデルのブルーライトカット率60%はそのまま、「寝る前スマホ」により最適化した製品となっています。

なお、本製品が属するJINS SCREEN NIGHT USEは、就寝前のスマートフォン使用を楽しんでも、安眠に与える影響を少なくするように企画されたブルーライトカット仕様の製品です。

発売時には寝る前スマホと安眠に関するアンケート調査を公開。またブルーライトと安眠の関係を探るため、就寝前の2時間にJINS SCREEN NIGHT USEとダミーメガネを着用したグループ間でスマートフォンを使用し、夜間尿中のメラトニン (睡眠を誘発する効果を持つホルモン) 分泌量を比較するという比較実験結果も公表されています。詳細は下記記事を参照ください。

「寝る前スマホ」は安眠妨害の原因? JINSが就寝前のスマホ利用と睡眠の関係性をアンケート調査

このように、本製品は寝ながら使いでの装着感に配慮し、かつブルーライトをカットしてくれるという製品。といっても、「寝る前スマホ」のし過ぎは禁物。節度を守ってほどほどの利用を心がけたいところです。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: JINS
関連キーワード: jins, JINS SCREEN, JINS SCREEN NIGHT USE, megane
219シェア
0
219
0

Sponsored Contents