Sponsored Contents

Arduinoの最新記事

Image credit:
Save

僅か0.887秒でルービックキューブをクリアするロボットが登場、ギネス申請中(動画)

Munenori Taniguchi
2016年2月10日, 午後03:00 in Arduino
465シェア
0
349
0
116

連載

注目記事

Windows 10に小容量エディション「Lean」が追加か、 ストレージ16GB機でもより快適に?

Windows 10に小容量エディション「Lean」が追加か、 ストレージ16GB機でもより快適に?

Kiyoshi Tane, 17 時間前
View
ソニーEマウント対応の35mmフィルムカメラを個人が開発。少量販売後、オープンソース化も計画中
12

ソニーEマウント対応の35mmフィルムカメラを個人が開発。少量販売後、オープンソース化も計画中

View

人気記事

Windows 10に小容量エディション「Lean」が追加か、 ストレージ16GB機でもより快適に?

Windows 10に小容量エディション「Lean」が追加か、 ストレージ16GB機でもより快適に?

Kiyoshi Tane, 17 時間前
View
ソニーEマウント対応の35mmフィルムカメラを個人が開発。少量販売後、オープンソース化も計画中
12

ソニーEマウント対応の35mmフィルムカメラを個人が開発。少量販売後、オープンソース化も計画中

View
ギネス公式での「ロボットによるルービックキューブ高速クリア記録」は2015年11月に記録された2.37秒。ところが現在、0.887秒という驚異的な記録がギネスに申請中です。これはエンジニア兼経済学者という異色の肩書きを持つ、アルバート・ビアなる人物製作のロボット Sub1 によるタイム。つづきにはその高速クリアの様子を掲載しました。

Gallery: Sub1 | 7 Photos

7

Sub1 は2台のカメラでキューブの6面全体を撮影し、その映像をノートPCで分析します。分析用アルゴリズムには「トマス・ロキッキとハーバート・コチェンバの2相アルゴリズム」と呼ばれるものを用いており、瞬時にクリアへの道筋を算出可能。そしてその結果をもとに Arduino ボードが制御するロボットアームが高速でキューブを動かします。


 


ご覧のとおり Sub1 は20手、0.887秒でみごとに全面を揃えました。

ただしこれはギネス認定員不在でのタイムなため、現在のところは暫定的な記録となっています。アルバート・ビアはすでにギネス申請を準備中で「審査を経れば間違いなく承認されるはずだ」と語っています。

なお、この記録が公開される直前には米国人のジェイ・フラットランドとポール・ローズが製作したロボットが0.900秒という記録を公開していました。しかもフラットランドらはギネス認定員を立ち会わせており、その場で認定を受けた模様。もしアダム・ビアの記録が認められなければ、こちらが新記録となるはずです。ただ、フラットランドはすでにTwitter でアルバート・ビアを祝福しています。



2014年に紹介した記事「レゴでできたルービックキューブ早解きマシン CubeStormer 3」の当時、ロボットの世界記録は3.23秒でした。それが現在では0.887秒。あとどれだけ伸びしろがあるのかが気になるところです。

ちなみに人間の手による最速クリア記録は2015年11月、米国の大会で14歳の少年が出した4.90秒。こちらも直前に別の14歳の少年が5.09秒の最速タイムを記録した直後のことでした。

465シェア
0
349
0
116

Sponsored Contents