Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

インテルCompute Stick (2016)発売。実売2万円のHDMI直挿しPC、Cherry Trailで性能アップ

Yusuke Fujinawa
2016年2月10日, 午後02:00 in Cherrytrail
417シェア
0
199
0
218

連載

注目記事

Windows 10に小容量エディション「Lean」が追加か、 ストレージ16GB機でもより快適に?

Windows 10に小容量エディション「Lean」が追加か、 ストレージ16GB機でもより快適に?

Kiyoshi Tane, 17 時間前
View
ソニーEマウント対応の35mmフィルムカメラを個人が開発。少量販売後、オープンソース化も計画中
12

ソニーEマウント対応の35mmフィルムカメラを個人が開発。少量販売後、オープンソース化も計画中

View

人気記事

Windows 10に小容量エディション「Lean」が追加か、 ストレージ16GB機でもより快適に?

Windows 10に小容量エディション「Lean」が追加か、 ストレージ16GB機でもより快適に?

Kiyoshi Tane, 17 時間前
View
ソニーEマウント対応の35mmフィルムカメラを個人が開発。少量販売後、オープンソース化も計画中
12

ソニーEマウント対応の35mmフィルムカメラを個人が開発。少量販売後、オープンソース化も計画中

View


インテルは本日2月10日より、従来製品よりスペックを底上げした新型スティックPC『Compute Stick』(STK1AW32SC)を発売します。Cherry Trail世代のクアッドコアCPUも積んでおり、実用的な性能に仕上がっています。価格はオープンとし、実売価格は2万円(税込)前後の見込み。

Gallery: Compute Stick | 3 Photos

3




『Compute Stick』は、テレビやモニターとHDMI接続するだけでデスクトップPCのように使える、スティックタイプのPCです。従来モデルではBay Trail世代CPUでしたが、今回はCherry Trail世代のAtom x5-Z8300(1.44GHz駆動)を搭載しています。また、OSはWindows 10をプリインストールしています。

無線LANは2×2 MIMOのIEEE 802.11ac、Bluetoothも4.2を新たにサポートしたのもポイントで、より安定した無線環境で利用可能です。

その他の仕様は、内蔵ストレージが32GB、RAMは2GB。microSDXCカードスロットなど。また、インターフェースはUSB 2.0だけでなく、USB 3.0のポートを新たに1つ増設しています。



なお、インテルは『Compute Stick』にCoreシリーズを搭載したモデルも発表していますが、今回発売のアナウンスはありませんでした。

CPUと無線の性能が向上し、使い勝手が増した本製品。PCはあまり使わないので設置場所を取りたくない、という人にとっては、購買意欲をそそられる製品ではないでしょうか。

Source: Compute Stick
関連キーワード: cherrytrail, Compute Stick, Intel
417シェア
0
199
0
218

Sponsored Contents