Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

SIMフリーのスマートウォッチ「SmartGear 53」。Android 5.1搭載、2万8000円で2月19日予約販売開始

小口貴宏 (TAKAHIRO KOGUCHI), @TKoguchi787
2016年2月18日, 午前11:20
273シェア
0
146
0
127

連載

注目記事

Windows 10に小容量エディション「Lean」が追加か、 ストレージ16GB機でもより快適に?

Windows 10に小容量エディション「Lean」が追加か、 ストレージ16GB機でもより快適に?

Kiyoshi Tane, 17 時間前
View
ソニーEマウント対応の35mmフィルムカメラを個人が開発。少量販売後、オープンソース化も計画中
12

ソニーEマウント対応の35mmフィルムカメラを個人が開発。少量販売後、オープンソース化も計画中

View

人気記事

Windows 10に小容量エディション「Lean」が追加か、 ストレージ16GB機でもより快適に?

Windows 10に小容量エディション「Lean」が追加か、 ストレージ16GB機でもより快適に?

Kiyoshi Tane, 17 時間前
View
ソニーEマウント対応の35mmフィルムカメラを個人が開発。少量販売後、オープンソース化も計画中
12

ソニーEマウント対応の35mmフィルムカメラを個人が開発。少量販売後、オープンソース化も計画中

View


ANYYOUONは、OSにAndroid WearではなくAndroid 5.1を採用した3Gスマートウォッチ「SmartGear 53」の予約販売を2月19日に開始します。予約購入はAppBar会員限定で、数量は300台となっています。


本製品は、「スマートフォンウォッチ」をうたうとおり、コンパニオンデバイスの意味合いが強い従来のスマートウォッチと異なり、OSにスマートフォン向けフルOSのAndroid 5.1を採用。nano SIMスロットを備え、単体での音声通話が可能です。

また、従来モデルからの改善点として、マイクとスピーカーを本体内部に内蔵したことで、ベルト(22mm)は好きなデザインのものと交換できるようになりました。

主な仕様は、MediaTek MTK2601 1.2GHzデュアルコアCPU、RAMは1GB、ストレージ容量は8GBなど。W-CDMAはBand 1に対応。LTEには非対応です。その他、Bluetooth 4.1、加速度センサ、Wi-Fiに対応

画面サイズは1.3インチ 360 x 360の円形モニタ。またIPX7相当の防水性能をうたいますがこちらはAppbar会員限定保証対象となっています。



SmartGear 53はAppBar限定で2月19日午前10時予約開始。予約数は限定300台。5月下旬から順次発送を開始します。価格は2月25日までの予約購入であれば2万8000円。一般を予定する6月下旬では4万5000円と購入時期が早ければ早いほどお得に購入できます。

Source: ANYYOUON
273シェア
0
146
0
127

Sponsored Contents