Sponsored Contents

motorの最新記事

Image credit:
Save

重い荷物もラクラク運べる『電動アシスト台車』がサンコーから発売。最大積載量300kg、フル充電で4時間稼働

TOKORO KEI
2016年3月8日, 午後01:10 in Motor
389シェア
0
294
0
95

連載

注目記事

Windows 10に小容量エディション「Lean」が追加か、 ストレージ16GB機でもより快適に?

Windows 10に小容量エディション「Lean」が追加か、 ストレージ16GB機でもより快適に?

Kiyoshi Tane, 17 時間前
View
ソニーEマウント対応の35mmフィルムカメラを個人が開発。少量販売後、オープンソース化も計画中
12

ソニーEマウント対応の35mmフィルムカメラを個人が開発。少量販売後、オープンソース化も計画中

View

人気記事

Windows 10に小容量エディション「Lean」が追加か、 ストレージ16GB機でもより快適に?

Windows 10に小容量エディション「Lean」が追加か、 ストレージ16GB機でもより快適に?

Kiyoshi Tane, 17 時間前
View
ソニーEマウント対応の35mmフィルムカメラを個人が開発。少量販売後、オープンソース化も計画中
12

ソニーEマウント対応の35mmフィルムカメラを個人が開発。少量販売後、オープンソース化も計画中

View


サンコーは、電動モーターを搭載し、荷物の運搬をアシストしてくれる『電動アシスト台車』を発売しました。同社直販サイト「サンコーレアモノショップ」で販売し、価格は14万8000円(税込)。

Gallery: 『電動アシスト台車』 | 20 Photos

20

『電動アシスト台車』は、ゴムタイヤの前輪部に電動モーターを搭載した台車。手元の操作で電動モーターを動かし、重い荷物をラクラクに運搬することができます。最大積載量は300kgで、かなり重い荷物も運搬可能です。

台車のハンドル部分に設置されたコントローラーで電動モーターを操作でき、両サイドのスロットルトリガーを前に倒せば前進、後ろに倒せばバックさせることができます。また、コントローラー上部のダイヤルを回せば、スピードの調整も行えます。



スロットルトリガーは、手を離すと自動で元に戻る仕組みで、台車が勝手に進んでしまう心配はありません。また万が一、スロットルトリガーが戻せなくなったときに、電動モーターを停止できる緊急停止ボタンも備えています。

運転モードは、電動モーターを使用する「電動アシストモード」に加えて、「手動モード」を搭載。荷台下にあるレバーで運転モードを切り替えられ、「手動モード」にすれば、通常の台車として使うことができます。



バッテリーは付属の充電ケーブルをつないで、家庭用コンセントから充電可能。8~10時間で満充電でき、約4時間稼働します。なお、バッテリーの残量は、ハンドル部分のコントローラーにあるメーターで確認できます。

このほか、電源キーを挿した状態でなければ電源が入らないため、他人の無断使用なども防ぐことができます。電源キーは標準で2個付属します。



サイズは、幅600×奥行き1000×高さ1100mmで、折りたたみ時の高さは450mm。また、地上から荷台までの高さは295mm、重量は58kg。電動モーターは200Wとなっています。

台車自体が約60kgあるので、アシスト無しだとかなりきつそうですが、自転車の電動アシストと違い自分で押す力をサポートするというよりはコントロールして動かすイメージでしょうか。重い荷物を運ぶときは重宝しそうです。

Source: サンコー
関連キーワード: motor, thanko
389シェア
0
294
0
95

Sponsored Contents