Sponsored Contents

Windows 10の最新記事

Image credit:
Save

スリープから瞬時起動!復帰時のパスワード入力はこうすれば回避できる:Windows 10 Tips

小竹佑児(YUJI KOTAKE)
2016年3月11日, 午前11:00 in Windows 10
447シェア
0
132
0
315

連載

注目記事

Windows 10に小容量エディション「Lean」が追加か、 ストレージ16GB機でもより快適に?

Windows 10に小容量エディション「Lean」が追加か、 ストレージ16GB機でもより快適に?

Kiyoshi Tane, 17 時間前
View
ソニーEマウント対応の35mmフィルムカメラを個人が開発。少量販売後、オープンソース化も計画中
12

ソニーEマウント対応の35mmフィルムカメラを個人が開発。少量販売後、オープンソース化も計画中

View

人気記事

Windows 10に小容量エディション「Lean」が追加か、 ストレージ16GB機でもより快適に?

Windows 10に小容量エディション「Lean」が追加か、 ストレージ16GB機でもより快適に?

Kiyoshi Tane, 17 時間前
View
ソニーEマウント対応の35mmフィルムカメラを個人が開発。少量販売後、オープンソース化も計画中
12

ソニーEマウント対応の35mmフィルムカメラを個人が開発。少量販売後、オープンソース化も計画中

View


Windowsパソコンは、一定期間使用しないと自動的にスリープ状態になります。そこから復帰する際、パスワードを入力する設定にしている人が多いのではないでしょうか。頻繁にスリープ状態に移行してしまい、そのたびにパスワードを打ち込むのが面倒であれば、入力設定を解除してもいいでしょう。

Gallery: スリープから瞬時に起動 | 10 Photos

10

スリープ解除時のパスワード入力設定を見直す

スリープ解除時のパスワード設定は、コントロールパネルのメニューから変更できます。まず、スタートボタンを右クリックし、メニューのなかから「コントロールパネル」を選択します。次に、「システムとセキュリティ」をクリックし、「電源オプション」の「スリープ解除時のパスワードの要求」を選択しましょう。


スタートボタンを右クリックして、「コントロールパネル」を選択。


コントロールパネルが表示されたら、「システムとセキュリティ」をクリック。


次画面では、「電源オプション」にある「スリープ解除時のパスワードの要求」を選択します。

「システム設定」画面が表示されたら、まず上部にある「現在利用可能ではない設定を変更します」をクリック。これで「スリープ解除時のパスワード保護」欄の設定を変更できるようになります。「パスワードを必要としない」を選択すると、スリープから復帰する際にパスワードを入力する必要がなくなります。最後に、「変更の保存」をクリックすれば、設定の変更が完了します。


「システム設定」画面で「現在利用可能ではない設定を変更します」をクリック。


「パスワードを必要としない」を選択して、「変更の保存」をクリックすれば設定完了です。

スリープに移行するまでの時間を長くする

パスワードを入力しない設定にするのに不安がある場合は、スリープに移行するまでの時間を長めに設定するといいでしょう。「システムとセキュリティ」画面で、「コンピューターがスリープ状態になる時間を変更」を選択すると、移行までの時間を変更できます。「プラン設定の変更」を選択して、次画面で任意の時間に設定しましょう。こちらも最後に「変更を保存」をクリックすれば、設定完了です。


「システムとセキュリティ」画面で、「コンピューターがスリープ状態になる時間を変更」をクリック。


「電源オプション」画面が表示されたら、「プラン変更」をクリックします。


「プラン設定の編集」画面に切り替わったら、「コンピューターをスリープ状態にする」欄で任意の時間を選択します。

関連キーワード: Windows 10, windows 10 tips
447シェア
0
132
0
315

Sponsored Contents