Sponsored Contents

cameraの最新記事

Image credit:
Save

iPhone SEや6sでも使える! デジカメみたいに撮影できるシャッター付きグリップ『Snappy』

萩原初野(Hatsuno Hagiwara)
2016年3月31日, 午後04:00 in Camera
204シェア
0
204
0

連載

注目記事

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View


iPhone SEや6sをデジカメのように変身させる、シャッター内蔵グリップ『Snappy(スナッピー)』がスペックコンピュータから3月31日に発表されました。カラーはブラック、ホワイト、ピンクの3色。

『Snappy(スナッピー)』はiPhoneの下部に装着し、イヤホン端子に接続することで、物理シャッターによる撮影ができるハンドグリップ。iPhoneが元々備えている、マイク付きイヤホンをシャッター代わりにする機能を利用しています。


グリップというだけあって、装着するとiPhoneをデジカメのようにしっかりと握れるので、手ブレを防ぎやすくなります。前方に手を伸ばして自撮りする際にも便利そう。落下防止のストラップホールも装備されているのがうれしいところです。グリップにもイヤホンジャックが付いているので、本製品を装着しても音楽が聴けなくなってしまうことはありません。

対応機種はiPhone 5以降のiPhoneシリーズ。iPhone 6sや6s Plus、本日発売のiPhone SEにも対応しています。AndroidなどiPhone以外のスマートフォンや、iPadでは使用できません。重量は45g。

実売価格は2500円(税別)。お花見など屋外での写真撮影の増える季節ですが、これを使えばほろ酔いで撮影するときにうっかりスマホを落としてしまうことも減りそうですね。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: camera, grip, iphone, iphone SE
204シェア
0
204
0

Sponsored Contents