Sponsored Contents

Huaweiの最新記事

Image credit:
Save

ファーウェイの直営サポート拠点が銀座に。SIMフリースマホを即日修理、アフターサービス充実で売上増を目指す

小口貴宏 (TAKAHIRO KOGUCHI), @TKoguchi787
2016年4月5日, 午後07:00 in Huawei
162シェア
0
162
0

連載

注目記事

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

小彩 楓, 11月17日
View
世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View


中国のスマートフォン大手ファーウェイが、東京・銀座に直営のサポート拠点をオープンしました。

「ファーウェイ・カスタマーサポートセンター」は、ファーウェイ製のSIMフリーのスマートフォンやウェアラブル端末などを持ち込んでの即日修理を受け付けます。また、製品の使い方に関する初歩的なアドバイスも提供。ファーウェイは日本におけるSIMフリー市場の拡大を見込み、アフターサポートを充実させることで差別化を図り、売上増を目指します。

Gallery: ファーウェイが銀座にカスタマーサポートセンター開設 | 15 Photos

15




ファーウェイは、中国に拠点を置く通信機器メーカーです。2015年にはスマートフォンの出荷台数でサムスン・アップルに次ぐ世界第3位。日本市場においては、2007年に端末販売を開始し、主にキャリア向けの端末を発売してきました。2014年にはSIMフリー市場に参入し、GoogleのNexusスマートフォン「Nexus 6P」の開発したことでも知られます。

直営のサポート拠点が東京銀座に

こんなファーウェイが東京・銀座にオープンさせたのが、直営のサポート拠点「ファーウェイ・カスタマーサポートセンター」です。

特徴は、スマートフォンやウェアラブル、Wi-Fiルータなどのファーウェイ製SIMフリーデバイスの持ち込み修理が行える点です。担当者によれば画面割れの修理やバッテリーの交換でも、約1時間ほどで修理が完了するとのこと。また、日本で根強いフィーチャーフォンからの乗り換え需要を意識して、初めてスマートフォンを使うユーザー向けに、電話のかけ方やアプリのインストール方法といったスマートフォンの初歩なども教えることができるといいます。

なおキャリアを通じて販売されたファーウェイ製品はサポート対象外。あくまで日本のSIMフリー端末ユーザー向けのサポートに限るとしています。





店内ではファーウェイ製のスマートフォンやタブレット、ウェアラブル端末を体験できます。なお製品を購入することはできません。フリーWi-Fiも利用できます。



こちらは修理エリアです。普段は中に入れませんが、オープニングセレモニーが行われた本日4月5日には特別に入ることが許されました。中ではスタッフがデバイスを修理しています。故障内容によっては後日修理品を配送したり、本体交換となる場合もあるそうです。

アップルストア銀座は意識せず

なぜサポート拠点の立地に一等地の銀座を選んだのか。ファーウェイでデバイスプレジデントを務める呉波氏(写真=下)は「アフターサービスは赤字事業でも構わない」というファーウェイ創業者の言葉を引用し、次のように述べました。



日本では大々的に広告を打てば短期間でブランド力は向上するが、それに見合ったサービスを提供しなければ維持できない。 (中略) 。日本のSIMフリー市場における目標は、やはり生き残ること。売り上げは合理的な範囲内にあれば十分で、お客様が満足できるような製品サービスを提供することが一番だ」(呉波氏)

ファーウェイは2015年、従来からある往復送料無料の宅配修理に加えて引取修理サービスを導入。今年3月には電話だけでなくLINEチャットを使った顧客サポートを開始しています。

今回からカスタマーサポートセンターへの持ち込みによる迅速な修理にも対応し、日本におけるサポート体制はさらに強化されたと言えます。

なお近くにはアップルストア銀座がありますが、呉波氏によると「存在は全く念頭になかった」とのこと。同センターが入居する銀座ファイブにはSIMフリー端末を扱う楽天カフェがあるため、そのシナジー効果や交通利便性の高さを考慮し、「家賃は高いがお客様を第一に考えて」銀座に決めたとしています。

日本SIMフリー市場の今後の見通しは

また呉波氏は日本のSIMフリー市場について、2016年は前年の2倍に成長すると予想しています。メインは3大キャリア向けの製品と前置きしつつも、SIMフリー市場の拡大に伴って売り上げ高を伸ばしていきたいとのこと。今回のファーウェイ・カスタマーサポートセンターの開設も、SIMフリー市場での存在感を高める狙いがあります。



SIMフリー端末は格安な反面、修理などのアフターサポートに不安を覚えるユーザーも少なくないでしょう。カスタマーサポートセンターの開設で、持ち込みによる即日修理も可能になることから、ユーザーの利便性は大きく向上しそうです。

<ファーウェイ・カスタマーサポートセンター>
東京都中央区銀座5丁目1番先 銀座ファイブ2階
営業時間:10:00~20:00
休業日:1月1日、2月・8月第3月曜日、12月31日



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: Huawei, services
162シェア
0
162
0

Sponsored Contents