Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

Lian Li、PCケース兼スタンディングデスク『DK-04』発表。4メモリー電動高さ調整機能付き

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2016年4月21日, 午前11:50 in Dk
365シェア
0
254
0
111

連載

注目記事

4年ぶりの新生Mac mini レビュー。10万円以下で買えるCore i3モデルの実力は?

4年ぶりの新生Mac mini レビュー。10万円以下で買えるCore i3モデルの実力は?

Brother Hawk, 12月10日
View
PCケースメーカーLian Liが、デスク型PCケースの新製品DK-04を発表しました。Lian Liはこれまでにデスク型PCケースをいくつか発売していますが、DK-04はシリーズ初の電動昇降機能を搭載。スタンディングデスクとしても使える健康志向の「PCケース」です。

Gallery: Lian Li DK-04 | 13 Photos

13

一日中PCに向かって作業をするようなデスクワーカーは、椅子に座って作業をし続けるために腰や背中への負担が増加し、健康リスクが高まると言われます。そして数年前から健康に気を使うデスクワーカーの間で微妙に流行気味なのがスタンディングデスク。机の上に台を置いて高さを調節し、立って作業をすることで体への負担を軽減し、少しでも健康に作業しようという発想です。

DK-04はLian Li のデスク型PCケースにスタンディングデスク機能を追加し、ユーザーの健康にも気を配った製品。通常の状態からスタンディング作業への転換には電動式の昇降機能を備えるため、ボタンを押すだけで身長に合った高さに調整が可能です。

高さの調整範囲は78〜117cm。高さは4つまで記憶させ、ボタン一つで調整することもできるため、マルチユーザーなPCでもそれぞれが自分に合わせた高さで作業することが可能となります。

PCケースとしての操作部は向かって右前面に配置。電源・リセットボタン、USB 3.0 x4、オーディオ入出力端子。RGBコントローラーはイルミネーションのカラー調整用です。

ATX〜MicroATX基板、ATX電源が使用可能。HDDベイは2.5インチまたは3.5インチのものを合計2台まで搭載可能なマウンターがあり、さらにマザーボードトレイにも2.5インチ2台を搭載できます。グラフィックボードは長さ320mmまで対応します。
クーリングは筐体前後に120mm径のフィルター付き4連ファンを備えるほか、オプションで水冷キットも導入可能です。

机としての大きさは幅1200 x 高さ780〜1170 x 奥行750mm。耐荷重は100kg。天面はガラスで、筐体はアルミニウム、机脚はスチール製。

なお、これまでの製品ではPCパーツ収納のためデスク部にどうしても厚みが必要でした。DL-04ではデスク下の前半分を薄くしており、座って作業をするときに足が挟まってしまう問題も解消されています。

DK-04の発売は英米では5月上旬。価格は1499ドル。日本国内での発売については記事執筆時点で情報がありません。



ちなみにLian Liといえば、スペシャルモデルとしてクモ型や蒸気機関車型、巻き貝型といったアートとも言えるPCケースを発表してきた会社でもあります。CES 2016ではヨット型のMini-ITXケースを公開していました。


365シェア
0
254
0
111

Sponsored Contents