Sponsored Contents

mmdの最新記事

Image credit:
Save

通信が速く、安定している格安SIMは? MMD研究所が代表的MVNO 10社の通信速度を都市別と時間別で調査

TOKORO KEI
2016年4月22日, 午後04:00 in Mmd
1223シェア
0
441
0
782

連載

注目記事

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)
16

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)

View


MMD研究所は、10社の格安SIM(MVNO)サービスを対象とした「2016年4月格安SIMサービス通信速度調査」の結果を公開しました。全国主要5都市で格安SIMの通信速度を計測し、各サービスのダウンロード速度の速さや安定性を調べています。

調査対象は、同研究所が2016年3月に発表した「格安SIMサービスの利用動向調査」によるシェア上位10社。OCN モバイル ONE、楽天モバイル、IIJ mio、BIGLOBE SIM、mineo、DMM mobile、NifMo、FREETEL SIM、UQ mobile、U-mobileの各サービスとなっていますが、マルチキャリア対応のmineoは、ドコモ網とau網でそれぞれ調査を行っています。

Gallery: 2016年4月格安SIMサービス通信速度調査 | 4 Photos

4

同調査では、全国主要5都市である東京、大阪、名古屋、福岡、札幌の各主要駅において、各サービスのダウンロード速度を計測。その結果を「箱ひげ図」で表しています。



箱ひげ図とは、バラつきのあるデータをわかりやすく表現するための統計学的グラフ。通信速度計測などの場合、飛び抜けて良い結果が出ることがあれば、逆に悪い結果が出ることもあり、単に平均値を算出するだけでは、実情を正しく表していない可能性があります。そこで、箱ひげ図では、最大値と最小値の「ひげ」、25%値と75%値による「箱」、さらに中央値を描いており、ひげや箱の長さが短いほど、バラつきが少なく速度が安定していることを意味します。

各サービスのうち、ダウンロード速度の中央値が高かった上位3位は、FREETELが13.9Mbps、UQ mobileが8.2Mbps、楽天モバイルが7.4Mbps。また、箱の高さ(75%値)については、UQ mobileが20.5Mbpsで最も高く、mineo(au)が16.8Mbps、FREETELが16.6Mbps、IIJ mioが14.3Mbpsで続いています。

これらの比較的高速だった5サービスの中で、速度の安定性の目安となる箱の長さを見てみると、FREETEL、楽天モバイルが箱が短くなっており、相対的に速度が安定していたと考えられます。一方、OCN モバイル ONE、BIGLOBE SIM、U-mobileは、箱が短くバラつきは少ないものの、低速のまま安定している結果となっています。



なお、従来の計測方法である平均値では、ダウンロード速度はUQ mobileが15.8Mbpsで最も速く、次いでFREETELが12.5Mbps、mineo(au)が10.6Mbpsとなっていました。

また、同調査では、朝・昼・夕の時間帯における各サービスの通信速度のバラつきも調査。こちらは、東京・恵比寿にある同研究所内で、時間を変えてダウンロード速度の計測を行っています。

その結果、格安SIM全体の平均ダウンロード速度は、朝(9時〜10時)が16.4Mbps、昼(12時~13時)が2.7Mbps、夕(17時~18時)が13.7Mbpsとなり、トラフィックが集中するとされる昼の時間帯の速度が顕著に低下していました。その昼の時間帯において、健闘していたのがFREETEL、楽天モバイルで、平均ダウンロード速度はそれぞれ、11.8Mbps、8.5Mbpsとなりました。



さらに、測定データを箱ひげ図で表したものが次のグラフ。中央値や箱の長さを見たときに、高速通信が比較的安定していると考えられるのがFREETELと楽天モバイル。一方、速度は安定しているものの、低速なのがU-mobile。また、バラつきはあるものの、高速なのがUQ mobileという結果になっています。



MVNO(格安SIM)のキャリアはそれぞれに細かな回線増強をおこなっており、また使用しているユーザー数などによっても速度は変動するため、ともすれば大手キャリア以上に、測定時期で速度傾向が異なります。このように時期が重要なため、今回の調査も2016年4月と調査タイミングを明言しています。

一方、あくまでも目安ではありますが、MVNOのキャリアによって速度がかなり異なるという点が改めて確認できる結果となっているのも興味深いところです。





CAREERS TechCrunch Japan
連載:KAKEHASHI取締役CTO海老原氏に聞くスタートアップへの転職


 


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: MMD研究所
関連キーワード: mmd, mvno, sim, SpeedTest
1223シェア
0
441
0
782

Sponsored Contents