Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

米アップル、毎年最新のiPhoneに切り替えられるアップグレードプログラムをオンラインでも開始。月額は24回払いと同等

Munenori Taniguchi
2016年4月27日, 午前07:30 in Apple
897シェア
0
534
0
363

連載

注目記事

米アップルが、iPhoneアップグレードプログラムをオンラインでも開始しました。米国で昨年9月に開始したiPhoneアップグレードプログラムは、アップルストア店舗のみで受け付けている買い替え促進用の優遇措置。機種ごとに24回払いの月額を12か月間支払えば、その時点で最新のiPhoneに機種変更できるサービスです。

特にお得感が強いのはプログラムの契約期間が24か月であるにもかかわらず、12か月終了時点で新しいiPhoneに機種変更すれば、そこからまた新たなアップグレードプログラムを開始できる点。アップグレードプログラム自体も更新となり、割賦残金12か月分は不要(それまで使っていたiPhoneは下取り)になるわけです。契約にはApple Care+が自動的に付加されます。

毎年アップグレードを適用していけば、端末あたりに支払う金額はほぼ半分で済むことになるため、常に最新のiPhoneを持っていたい人にとっては非常に魅力的なプログラムだと言えそうです。

ただ、iPhoneアップグレードプログラムはこれまでアップルストア店舗でしか受け付けておらず、プログラムを更新するにも都度、アップルストアに出向く必要がありました。(実際にはまだプログラム開始から1年が経過していないため、誰も更新はしていないものの) 近くにアップルストアのない地方在住者にとっては交通費の負担も馬鹿にならず、なかなか手が出しにくい状況でした。

今回のオンラインでのiPhoneアップグレードプログラム対応開始は、ユーザーにとってサービスの地域格差がなくなり、等しくメリットを享受できるようになったという点でさらにiPhone販売を後押しすることになりそうです。

なお、iPhoneアップグレードプログラムは現在のところ米国内のみでの提供です。ただ、すでに数十万台のiPhoneがこのプログラムを利用しているとされ、新たにオンライン対応も可能になったことを考えると、次は日本を含む他の国々でのプログラム開始にも期待したいところです。

ちなみに日本のアップルストアではiPhoneの下取りサービスを実施しています。

アップルがiPhone下取りキャンペーン開始、iPhone SEが最大3万6000円引きに。他社スマホも下取り可能

Source: Apple
897シェア
0
534
0
363

Sponsored Contents