Sponsored Contents

AppleWatchの最新記事

Image credit:
Save

Apple WatchにWindows 95を移植した動画が公開、動作に必要なエミュレータも配布中

Kiyoshi Tane
2016年5月2日, 午後07:30 in Applewatch
285シェア
0
285
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View

Apple WatchにWindows 95を移植し、実際に動いている動画が公開されました。移植に必要なエミュレータと手順もオープンにされており、誰でも再現が可能となっています。



この偉業を達成したのは、昨年6月にMac OS 7.5.5をAppleWatch上で起動したNick Lee氏。前回はMin vMacエミュレータで動作させたのと同様に、今回はPC/AT互換機エミュレータの「BochsWatchOS」を開発し、その上でWindows 95を動作させています。

Lee氏いわく、Apple Watchは小さなパッケージの中に大きな馬力を秘めており、90年代半ばのPCよりも段違いのスペックがあることから、当時の標準的なデスクトップOSを駆動できると確信したとか。家族が初めてPCを買ったのも90年代半ばだそうで、当時のPCには深い思い入れがあるようです。


Apple Watch上に移植されたWindows 95はブートに1時間以上かかり、インターフェイスの反応はもっさり。とはいえ、タッチスクリーンも認識し、スタートメニューからアプリを起動することは可能。「起動するだけ」ではなく、実用的かどうかはともかく、一応の操作はできます。

Windows 95のインストール中にApple Watchがスリープしないよう、デジタルクラウン(竜頭)を常に回すための接着剤とモーターが別途必要です。そうした手順やBochsWatchOSはGitHubに公開されているので、Windows 95を愛してやまない、Windows 10アップグレードのご時世にあえて反逆したいという方は、残りのGWを費やしてはいかがでしょう。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

285シェア
0
285
0

Sponsored Contents