Sponsored Contents

microsoftの最新記事

Image credit:
Save

「Windows 10」割安なアップグレード版は提供せず。7月30日以降Homeが1万9008円、Proが2万7864円(税込)

791シェア
0
646
0
145

連載

注目記事

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)
16

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)

View


Windows 7 / 8.1からWindows 10への無償アップグレードプログラムが7月29日で終了します。日本マイクロソフト広報部は取材に対し、7月30日以降、Windows 10に割安な「アップグレード版」は提供しないことを明らかにしました。

7月30日以降にWindows 10にアップグレードする場合は、既存のパッケージ版を購入してアップグレードすることになります。その場合、マイクロソフトストアにおける価格はHomeエディションが1万9008円、Proエディションが2万7864円(いずれも税込)です。

余談ですが、過去のWindowsではパッケージ版に比べて割安な「アップグレード版」が用意され、既存のWindowsユーザーはそれを使ってアップグレードすることができました。なお、アップグレード版はWindows 8.1で廃止されていますが、Windows 10においては『無償アップグレードを実施した兼ね合いもあり』(日本MS広報部)、現時点で提供する予定はないとしています。

マイクロソフト側は、起動時間の早さや仮想デスクトップ、パーソナルアシスタントのCortanaなどWindows 10新機能をアピールし、Windows 7 / 8.1ユーザーに無償プログラム終了前までの早期のアップグレードを呼びかけています。

7月29日で終わるWindows 10無償更新、期間延長は絶対に『ない』 。日本マイクロソフトが明言

Windows10へのアップグレードで知っておきたい回避すべきトラップと注意事項





CAREERS TechCrunch Japan
連載:KAKEHASHI取締役CTO海老原氏に聞くスタートアップへの転職


 


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: microsoft, windows10
791シェア
0
646
0
145

Sponsored Contents