Sponsored Contents

nintendoの最新記事

Image credit:
Save

スマホ版『どうぶつの森』『ファイアーエムブレム』は基本無料(Free to Start)に。DeNA社長が語る

Kiyoshi Tane
2016年5月13日, 午後01:50 in Nintendo
889シェア
0
717
0
172

連載

注目記事



任天堂が、今秋までの配信開始を予定するスマートデバイスアプリ版『どうぶつの森』と『ファイアーエムブレム』。これらタイトルの料金体系に関して、いわゆる基本プレイ無料(Free to Start)の方式になることが報じられました。

同社と業務提携しているDeNAの守安功社長がWall Street Journalの取材でコメントし、それを任天堂の広報担当が認めることで裏付けられた形です。

FE

両タイトルのスマホアプリ版は、4月末の任天堂とDeNA両社の決算報告のなかで、『Miitomo』に続くスマートデバイス向けアプリとしてリリースを発表。が、ゲームの詳細のみならず、スマホアプリで気になる課金体系についても触れられておらず、動向が注目されていました。

DeNAの守安社長は、両タイトルともFree to Start型のアプリになるとコメント。Free to Startとは一般にはF2P(Free to Play)と呼ばれる方式。プレイ自体は無料ですが、追加キャラやアイテムなどの一部を有料で販売し、収益を図る方式です。

F2Pは直訳すると「タダで遊べる」という意味のため、故・岩田聡元任天堂社長が「ゲームというものに価値を感じていただき、その価値をなるべく高く維持したい」ということで、Free to Start=「始めるのはタダ」と言い換えた経緯があります。

tanu

これら2タイトルにさきがけて配信された任天堂のスマホアプリ『Miitomo』は、アメリカの調査会社SurveyMonkeyによれば1週間に28万ドルを稼いでるとの試算も出ています。また、『ファイアーエムブレム』は参戦キャラ、『どうぶつの森』は家具やどうぶつの住人キャラといった「コンテンツ」が豊富で、見方によってはマネタイズの山となる可能性があります。

どうぶつの森シリーズでたぬきハウジングに勧められるままに自宅を増築、借金を背負って魚釣りなど金策に走り回るのはゲーム内通貨に限っては楽しいのですが、仮にたぬきちがリアルマネーでも支払いを求めるとすれば、少し生々しい気もします。

関連キーワード: nintendo
889シェア
0
717
0
172

Sponsored Contents