Sponsored Contents

projectorの最新記事

Image credit:
Save

アスペクト比16:6で投影する黒板向け超短焦点プロジェクタ『ワイード』、黒板メーカーが6月中旬に発売

UTSUI JIN
2016年5月17日, 午後12:00 in Projector
297シェア
0
192
0
105

連載

注目記事



黒板メーカーであるサカワは6月中旬より、一般的な黒板のスペースほぼいっぱいに映像を投影する超短焦点プロジェクタ『ワイード』を発売します。価格はオープンで、市場想定価格は45万円前後。

『ワイード』は、アスペクト比16:6(1920×720ドット)と、学校の教室にある一般的な黒板(幅3600mm)のスペースのほとんどに投影できるプロジェクタです。投影距離は58.6cmと短く、16:9、4:3の投影も可能。投影サイズは約120~140インチです。

レーザー光源を採用しており、約20000時間と長い光源寿命を実現しているうえ、明るさは3400ルーメンと、明るい教室でも使える性能を有しています。

Other

ほかにも、付属のリモコンを使って80インチ程度の投影画面を左・中央・右へスライドできる「デジタルスライド機能」や、付属のインタラクティブペンで接続したPCを操作する機能も搭載しています。

本体の大きさは383×310×86mm、重量は5.5kgです。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: ワイード
関連キーワード: projector, sakawa
297シェア
0
192
0
105

Sponsored Contents