Sponsored Contents

endeavorの最新記事

Image credit:
Save

SSDを最大1TBまで選択できる15.6型ビジネス向けノートPC『Endeavor NJ4000E』発売

山下佑樹(Yuki Yamashita)
2016年5月18日, 午前10:30 in Endeavor
107シェア
0
107
0

連載

注目記事

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View

エプソンダイレクトが、15.6インチ液晶を搭載したビジネス向けノートPC『Endeavor NJ4000E』を発売しました。

BTOで希望のスペックにカスタマイズが可能。作業が書類作成レベルならロースペックで値段を抑え、画像処理など重い作業を行うならハイスペックでサクサク使えるマシンに構成できます。価格はHD液晶(1366×768ドット)搭載モデルが8万1000円~(税込、以下同)。フルHD液晶搭載モデルが10万7784円~。

HDモデルのCPUは第6世代のインテルCore(i5-6200Uとi3-6100U)・Celeron(3855U)から選択できますが、フルHDモデルはCore i5-6200Uのみ。メモリーも4GB~16GBまで拡張できるので、作業の程度で調度良く変えられるのは良いですね。ストレージは初期状態ですと250GB HDDですが、+1万2000円で128GB SSDを、+8万4000円で1TBの超大容量SSDが選択できます。

重量は2.3kgと、モバイルとして使うより自宅や職場に置いて、しっかり腰を据えて使う方が向いています。15.6インチの大型画面で作業を効率的に進められるので、仕事用PCで悩んでいた方は選択肢のひとつとして考えてみても良いかもしれませんね。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: endeavor, EpsonDirect, notebook
107シェア
0
107
0

Sponsored Contents