Sponsored Contents

daydreamの最新記事

Image credit:
Save

GoogleのモバイルVRは『Daydream』。Android NにVR最適化モード追加、秋からヘッドセットや対応スマホ登場

Ittousai, @Ittousai_ej
2016年5月19日, 午後01:00 in Daydream
173シェア
1
172,"likes":50
0

連載

注目記事

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

小彩 楓, 11月17日
View
世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View


開発者イベント Google I/O の基調講演で、うわさのGoogle版バーチャルリアリティ『Daydream』が発表を迎えました。

Daydream はOculus Rift や Gear VR、HTC Vive のように頭に装着するVRヘッドセットとリモコン、対応スマートフォン、Android Nに含まれるVR最適化モード、およびVRアプリ開発・配信まで含んだ高品質モバイルVRプラットフォームの名称。デバイスとしては、Daydream準拠ならば単体VRヘッドセットもスマートフォンを挿入するタイプもありえます。

Google はDaydream対応VRヘッドセットのリファレンスデザインや要求仕様を公開しており、製品は対応ヘッドセットやスマートフォンとしてASUS、サムスン、Huawei、小米、アルカテル、HTC、ZTEといったメーカーからこの秋に発売されます。

Gallery: Google Daydream VR | 11 Photos

11


2016年はVRブームの立役者である Oculus RIft も、ライバルの HTC Vive もついに製品版の出荷を開始したほか、 Oculus と提携してスマホ挿入タイプのヘッドセット Gear VRを販売するサムスンはフラッグシップ Galaxy S7 と新型Gear VRをバンドル販売したり、ソニーはプレイステーション4周辺機器のPlayStation VRを秋に発売するなど、コンシューマー向けの VR製品が出揃う年になりました。

一方 Google は2014年に段ボール製VRヘッドセット Cardboard の設計を誰でも作れるよう公開して以来、デバイスとしては特に新製品を出さないまま、静かに本格的なVRへの準備を続けてきました。Google が Cardboard で得たフィードバックや知見を元に、本格的にVRへ参入するプラットフォームが今回発表された Daydream です。

Google I/O 2016キーノートでの発表は、秋の製品発売を前にした開発者向けの予告に近く、デバイス側の具体的な仕様や価格などの詳細はありません。キーノートスピーチと開発者向け公式ページの情報をまとめると、


Daydream は Android Nに含まれるVR最適化モード、対応スマートフォン規格(センサやSoC)、アプリの規格や開発キットを含んだ高品質モバイルVRプラットフォームの名称

Daydreamは「Oculus Rift」や「Gear VR」のようにひとつの製品の名称ではなく、Daydream準拠のデバイスが各社から登場します。

Gear VR のようなスマホ挿入タイプも、ディスプレイやSoCを内蔵した単体VRヘッドセットもどちらも可能

キーノートでは サムスン、ASUSなど各社から、Daydream対応スマートフォンの登場予定が明かされました。Gear VRはサムスンの Galaxy でしか使えませんが、Daydream対応スマホとヘッドセットは各社から販売されます。

Daydream では描画やヘッドトラッキングの遅延を減らすため、センサーやディスプレイ、SoC(プロセッサ)に一定の要求仕様があり、満たした製品が Daydream準拠を名乗れます。


すでにあるモバイルVRとの違いは、Android N自体へのVR最適化モード組み込みや、高性能センサを必須化したことで、遅延の少ない高品質なVRが体験できること

従来のスマートフォンを使ったモバイルVRは、通常のゲームなどと同じ1アプリとして動いていました。Daydream では Android N 自体のローレベルから描画スタックなどを最適化したことで、VR酔いの原因になる遅延などに対処します。


Android N のVRモードにあわせて、VR専用ユーザーインターフェースのホーム画面や、VRアプリに最適化された Google Play ストアなど、開発から配信までソフトウェア部分もサポートする

従来のCardboard は単体Androidアプリでしたが、Daydream ではAndroid N自体にVR用のホーム画面やアプリストアが用意されます。Google純正アプリも、YouTube や Street View などがVRに対応します。


多数のデバイスメーカー、ゲームメーカー、VRコンテンツメーカーが参加を表明

デバイスメーカーはASUS、HTC、サムスン、LG、アルカテル、Xiaomi、ファーウェイ、ZTEなど。コンテンツはNew York Times、Wall Street Journal、USA Today、CNNなどニュース媒体、NetflixやHulu、HBO Now、LIONGATE、IMAXなど映像コンテンツ配信、MLB.com や NBAなどスポーツコンテンツなど。ゲームでは大手パブリッシャーのEA、UBISOFTや、ほかプラットフォーム向けにVRゲームを発表済みの nDreams、Climax、CCP、Otherside Entertainment、NetEase Games、minorityVRなど。


専用のリモコン型コントローラもリファレンスデザインを公開

キーノートで披露されたのは、非常にシンプルな片手リモコン型のVRコントローラ。親指でタッチするタッチパッドと2つのボタンがあり、モーションセンサで手の動きをVR空間に伝えます。

お手軽VRヘッドセットのCardboardは側面のボタンひとつしか入力インターフェースがなく、頭を動かす以外のインタラクションが限られたビューアに近いデバイスでした。しかしDaydreamでは他社とよく似たシンプルなモーション認識リモコンを用意することで、よりインタラクティブなVRにも対応します。



GooglegがDaydreamについて特に強調するのは、「モバイル」「高品質」そして「オープン」。Oculus Rift のようなPC接続タイプは桁違いに高性能なGPU / CPUが使えるため、非常に複雑でリッチなVRコンテンツを楽しめる一方、デスクトップPCか高価なゲーミングノートと有線で接続して使う据え置きの製品です。

一方で Cardboard のようなモバイルVRは表示デバイス側の性能がバラバラだったり、そもそもVR最適化されていないOS やデバイスで動いていたため、据え置きの専用VRからは落ちるシンプルなコンテンツが大半です。

Android NそのものをVR最適化したり、開発者とコンテンツ集めには既存の PlayStoreをVR対応させるなど、スマートフォンの世界で支配勢力となっているAndroidエコシステムの強みをそのままVR市場へ持ち込むことが Googleの狙いです。

Androidのようなオープンプラットフォームでは高品質とアクセスしやすさの両立が課題となりますが、DaydreamではAndroid N採用以外にセンサなどハードウェア側の要求仕様を立てたうえでリファレンスを公開することで、多数のメーカーから選べるアクセスしやすさと、一定水準のVR体験の両立を図っています。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: daydream, google, vr
173シェア
1
172,"likes":50
0

Sponsored Contents