Sponsored Contents

HEMSの最新記事

Image credit:
Save

電気の使い過ぎを防止する『iRemocon Wi-Fi(SM)』。家電の遠隔操作、室内の空気環境チェック機能も搭載

UTSUI JIN
2016年5月26日, 午後04:50 in Hems
265シェア
0
105
0
160

連載

注目記事

チートレベルの操作性!  最強ゲームスマホ「ROG Phone」✕「ハズキルーペ」でドン勝しまくる:ベストバイ2018

チートレベルの操作性!  最強ゲームスマホ「ROG Phone」✕「ハズキルーペ」でドン勝しまくる:ベストバイ2018

View


ソフトバンク コマース&サービスとグラモは5月27日、家庭での消費エネルギーを節約するための管理システム「HEMS」の機器『iRemocon Wi-Fi(SM)』を発売します。

電気の使用状況がわかる電力量計、いわゆるスマートメーターと連携し、スマートフォンアプリや本体内蔵のブザーで、電力使用量に応じた通知を行えるほか、外出先からの家電操作や部屋の温度・湿度・照度チェックも可能です。

ソフトバンクのオンラインストアや一部のソフトバンクショップで販売し、価格は3万2000円(税別)。

Gallery: iRemocon Wi-Fi(SM) | 5 Photos

5

『iRemocon Wi-Fi(SM)』を利用すると、Wi-Fiを通じてAndroid 4.2以上/iOS 5以降対応のアプリ「gHOUSE」と連携し、30分ごとの電力使用量と料金をリアルタイムに表示できます。

対応する電気料金プランは、ソフトバンクでんきのほか、東京電力、北海道電力、東北電力、中部電力、北陸電力、関西電力、中国電力、四国電力、九州電力、沖縄電力で、順次拡大する予定。

Other

また、あらかじめ設定した電力量を超えると判断されると、スマートフォンや本体内蔵のブザーで通知してくれます。

Other

アプリを通じて家電の操作も行えるうえ、GPSと連動して外出するとエアコンを自動オフ、自宅付近まで移動すると照明を自動点灯するといった機能も用意しています。

Other

本体には温度、湿度、照度センサーも内蔵し、室内の状況をビジュアル化できます。カビやダニ、ウィルス等の発生リスクを抑えたり、熱中症の危険があるかどうか、といったことがわかるようになります。本体の大きさは直径約105×37mmで、重さは136g。

Other

なお、「gHOUSE」アプリの電力情報モニタリングや家電制御、GPS連動機能などを利用するには本来有料会員登録(iOS月額360円/Android月額300円、いずれも税込)が必要ですが、本製品購入後、2018年12月31日までは無料で利用できます。


関連キーワード: HEMS, softbank
265シェア
0
105
0
160

Sponsored Contents